England

地上約155m!ロンドン「スカイ・ガーデン(予約不要)」から見下ろす360度のパノラマビュー

ロンドン・スカイガーデン

地上約155mの高さからロンドンの街を360度のパノラマで見下ろすことができる場所、その名も「スカイ・ガーデン(Sky Garden)」。

無料で入場できるということもあって、2015年1月にオープンして以来瞬く間にロンドンの人気観光スポットとなり、訪れる観光客は連日後を絶たない。

ロンドンの有名な展望台といえば「ザ・シャード」と「スカイ・ガーデン」

写真左のピラミッドのような建物が「ザ・シャード」、右がスカイガーデンのあるビル

ロンドンの展望台としてよく耳にするのが、「ザ・シャード」と「スカイ・ガーデン」。

ロンドン・シティを最も高い場所から見下ろすことができる場所としては2013年2月にオープンした「ザ・シャード(The Shard)/写真左」の展望台(地上約245m)が有名だけれども、「ザ・シャード」へ入場するには大人1人につき約£31(4,650円位/当日券)の入場料を支払う必要がある。

というわけで、「タダ」でロンドンの街を一望できるこの「スカイ・ガーデン/写真右」に人が集まるのも納得なわけだ。私ももちろん、無料の恩恵をあやかったゲストの一人:)

▼ザ・シャードの紹介記事はこちら
ザ・シャード:ロンドン&EU一高いビルに無料で入場・絶景を楽しむ方法

地上約155mにある「スカイ・ガーデン」からパノラマ・ロンドンビューを楽しもう

「スカイ・ガーデン」への行き方、オフィシャルな入場方法と誰でも予約無しで入場できる方法に関しては後で説明するとして、まずはスカイ・ガーデンそのものの魅力からご紹介。

スカイ・ガーデンは「20フェンチャーチ・ストリート」、通称「トランシーバー」ビル内にある

ロンドン、スカイガーデンがあるビル外観

少し離れたところから見た「20フェンチャーチ・ストリート」ビル

20フェンチャーチ・ストリートビル外観

ビルの真下から見上げるとこんな感じ。スカイ・ガーデンはこの最上階部分にある。

スカイ・ガーデンが入っているビルの正式名称は「20フェンチャーチ・ストリート」。ロンドンでは、そのユニークなビルの形状から「ウォーキー・トーキー(Walkie Talkie)=トランシーバー」という愛称で呼ばれている。

スカイ・ガーデンという名の通り、フロア中がグリーンでいっぱい

ロンドン・スカイガーデン

スカイ・ガーデンの宣伝写真でよく見るシーンがこれ

ロンドン・スカイガーデン

ガーデンの両サイドには上階へ通じる階段

ロンドン・スカイガーデン

階段の横は生き生きとしたグリーンで埋め尽くされている

ロンドン・スカイガーデン

階段の途中にはちょっとした休憩スペースも

ロンドン・スカイガーデン

季節によって異なる花を楽しむこともできる

ロンドン・スカイガーデン

植物に水をかけるマシーンがあって、マイナスイオンもたっぷり

壁はガラス張りになっているので、晴れた日には空から降り注ぐ太陽の光も心地いい。「スカイ・ガーデン」という名のとおり、地上から高く離れた空中にダイナミックな「庭」が広がっている。

スカイ・ガーデンの35階〜37階それぞれのフロアにはおしゃれなカフェやバー

スカイガーデン35階にあるバー「 Sky Pod」

35階にあるBar「SKY POD」

ロンドン・スカイガーデン35階のカフェ&バースペース

35階「SKY POD」のバースペース

ロンドン・スカイガーデン

36階以降のフロアの案内板

ロンドン・スカイガーデン36階のカフェ&バースペース

36階のBar「CITY GARDEN」

ロンドン・スカイガーデン36階のカフェ&バースペース

36階「CITY GARDEN」のバースペース

ロンドン・スカイガーデン

テーブルアレンジで置かれている植物も可愛い

ロンドン・スカイガーデン36階のカフェ&バースペース

36階にあるもう一つのBar「DARWIN」

それぞれのバーで異なるカクテルやティー、スイーツを楽しみながら過ごすのもまたあり。ただし、スカイ・ガーデンでの飲食は比較的高め。眺望代込みの値段だと割り切って楽しんで。

スカイ・ガーデンからは、ロンドン・シティのパノラマビューを360度楽しめる

ロンドン・スカイガーデンからの眺望

EUの中で最も高いビル、尖塔高310mの「ザ・シャード(The Shard)」とテムズ川

ロンドン・スカイガーデンからの眺望

ロンドン・シティに次ぐオフィス街「キャナリーワーフ」の高層ビル群

ロンドン・スカイガーデンからの眺望

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた「セント・ポール大聖堂」

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚式

ロンドンの広告塔とも言える「タワーブリッジ」

ロンドン・スカイガーデンからの眺望

ロンドンの街に流れるテムズ川、左奥には大観覧車「ロンドン・アイ」とそのさらに左に小さく「ビッグ・ベン」

ロンドン・スカイガーデンからの眺望

ロンドンの高層ビル群

スカイ・ガーデン内はぐるりと一周することができるので、360度異なる眺望を楽しむことができる。ここはロンドンの観光スポットがぎゅっと詰まっているエリアなので、高い位置からこれらの名所を探すのも楽しい。

【ちょっとしたトリビア】
最後の写真にあるビルの内、右と中央の高層ビルにはスカイ・ガーデンが入っているビル「トランシーバー」同様に愛称があり、右が「ガーキン(Gherkin)=ピクルスにする小さいきゅうり」で真ん中が「チーズ・グレーター(Cheese Grater)=チーズ削り器」。

ちなみに一番左に見えるのは「タワー42(旧称ナットウエスト)」というビル。

ということで以下からは、実際にスカイ・ガーデンに足を運ぶ際の手順について紹介します。

ロンドン「スカイ・ガーデン」への入場は事前予約必須というのがオフィシャル・ルール

スカイガーデンチケット予約カレンダー

予約は常に埋まっている状態

スカイ・ガーデンへの入場は無料だけれども、入場するためには公式サイトでチケットを予約する必要がある。

というのが「オフィシャル・ルール」。

でもこの入場チケットの入手がなかなか困難。チケットは約3週間先の分までしか公開されておらず(2017年6月現在)、公開された途端に一気に予約が埋まってしまうという激しい競争率。

【予約無しでも大丈夫】スカイ・ガーデンは時間帯によって、チケット不要で入場できる

そこでおすすめしたいのが「ウォークイン・アワーズ(walk-in hours)」という時間帯に入場する方法。「ウォークイン・アワーズ」はオフィシャルチケットの予約対象時間外のことで、この時間帯であれば「行こう!」と思い立ったその日に入場することができる。

この方法、より満足度の高い滞在を実現できることができるのでかなりおすすめ。

なぜならロンドンは天気がコロコロと変わる街。せっかく苦労してチケットを入手したとしても、入場当日がどんより曇り空だったり雨が降っていたとしたらその景色も満足に楽しめない。

ということでロンドン滞在中の晴れた日を狙って「今日がチャンス」と思った日に訪れるのがベスト。展望フロアでお茶などしなければ滞在時間もそんなに長くかからないので、予定を少し調整すればOKなはず。訪れる価値はあり。ぜひ予定の調整を!

予約不要でスカイ・ガーデンに入場できる「ウォークイン・アワーズ」

■月曜日~金曜日
(バンクホリデーを除く)
7:00〜10:00、18:00〜

■土曜日
8:00〜11:00、21:00〜

■日曜日・バンクホリデー
9:00〜11:00、21:00〜22:00

※いずれも1グループ最大10名まで。
※夕方以降の入場には「スマート/カジュアル」のドレスコード有り。19歳以上限定。

ウォークイン・アワーズを利用しての入場方法

  1. スカイ・ガーデンのへの専用入り口へ行き、スカイ・ガーデンへ入場したいことを伝える。
  2. 代表者1名の電話番号、メールアドレスを受付で伝える。
  3. 簡単な持ち物検査を済ませたら、専用エレベーターを使って35階へ。

これだけ。何ともあっさり入場できちゃう。

ウォークイン・アワーズおすすめの時間帯は朝

予約不要のウォークイン・アワーズの中でも、特におすすめなのは朝。この時間帯はまだ人もまだらで混雑がなく、高層からの眺望を比較的ゆったりと楽しむことができる。

ロンドンの夜景がどうしてもみたい!という人以外は、朝の時間帯に訪れるのがおすすめです。

ロンドン「スカイ・ガーデン」への行き方

「スカイ・ガーデン」があるのはZone1のオフィス街ロンドン・シティ内。

■住所
20 Fenchurch St, London EC3M

■ビル名
20フェンチャーチ・ストリート(20 Fenchurch Street )
※通称:ウォーキー・トーキー(トランシーバー)

■利用可能な地下鉄駅:
最寄り駅は地下鉄ピカデリー線(黄色)とディストリクト線(緑)が走る「モニュメント(Monument)」駅。そこから徒歩3〜5分ほど。

その他にタワー・ヒル(Tower Hill)駅、タワー・ゲート(Tower Gate)駅、オールゲート(Aldgate)駅、バンク(Bank)駅、マンション・ハウス(Mansion House)駅が利用可能で、これらの駅からは徒歩約10分。

スカイ・ガーデン公式サイト(英語)

ぜひ、予約不要のウォークイン・アワーズを利用して、ロンドン・シティの絶景を楽しんできてくださいね。

▼ザ・シャードの紹介記事はこちら
ザ・シャード:ロンドン&EU一高いビルに無料で入場・絶景を楽しむ方法

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪ 

\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る