England

ザ・シャード:ロンドン&EU一高いビルに無料で入場・絶景を楽しむ方法

ザ・シャードからのロンドンの眺め

ロンドンのパノラミックな景色を楽しむ展望台として有名なのが、以前の記事で紹介した「スカイ・ガーデン」と今回紹介する「 ザ・シャード」。この2つがロンドンを代表する2大展望台と言っても間違いなし! 今回はそんな「ザ・シャード」を、お得に楽しむ方法についてご紹介。

ザ・シャード:ロンドン&EU(欧州連合)一高い、尖塔高310mの超高層ビル

ロンドン橋から見るザ・シャード

ロンドン橋から見るザ・シャード

2013年2月にオープンしたザ・シャードはEU(欧州連合)一高いビル(※2017年6月現在)で、その高さは約310m。

建築設計を手掛けたのはイタリア人・ミラノ出身の建築家レンゾ・ピアノ(Renzo Piano)という人で、日本の「関西国際空港旅客ターミナルビル」を手掛けたことでも有名。

シャード(Shard)=破片をイメージしたデザイン

ザ・シャードはガラス張りの8つの面から成り立っている

英語のシャード(Shard)は日本語で「破片」という意味。このザ・シャードのビルの全面がガラス張りでデザインされているのも「破片」を意識しているそう。光を反射して、いつもピカピカ光っている。

ザ・シャードとスカイ・ガーデンの高さの比較

右にあるのがスカイ・ガーデンのあるビル、左がザ・シャード

スカイ・ガーデンの展望フロアの高さが約155mなのに対し、ザ・シャードの展望フロアの高さは約245mでその差は約100m。ちなみにスカイ・ガーデンはビルの35階〜36階にあるのに対し、ザ・シャードの展望フロアは68〜72階に位置。

【ザ・シャードのフロア案内】

  • 2〜28階:オフィス
  • 31〜33階:バー・レストラン
  • 34〜52階:ホテル(シャングリラ・ホテル)
  • 53〜65階:マンション
  • 68〜72階:展望施設(高さ約244m)
  • 75〜87階:塔屋

ザ・シャードは入場料の高さも世界クラス

そしてザ・シャードはその入場料の高さでも有名。スカイ・ガーデンの入場料が無料なのに対し、ザ・シャードは大人1人あたり約£31/当日券(約4,650円)を支払う必要がある。支払う価値はあると思うけれども、滞在時間が数十分程度と考えるとやっぱりちょっと高額。

ザ・シャードへは無料で入場しつつ、滞在もゆったりと楽しむのがお得

ザ・シャード32階にあるバー「Aqua Shard」

ザ・シャード31階にあるバー「Aqua Shard」。写真は公式サイトより。

ということで今回おすすめしたいのが、ザ・シャード内にあるバーやレストランを利用する方法。ビルのエントランスで「バーを利用する」と告げれば、すぐに専用エレベーター乗り場へと案内してくれる。事前の予約も特に不要で、当日の立ち寄りが可能。

バー、レストランの専用出入り口で簡単な手荷物と身体検査を済ませたら、いざ、飲食フロアへつながる直通エレベーターへ。

もちろんここで料金の発生はなし。何ともあっさりとザ・シャードへ入場できちゃうのだ。

バー、レストランがあるフロアは31階〜33階でスカイ・ガーデンと同じくらいの高さ

ザ・シャードのエレベーター

ボタンがあるけど「ボタンは押さないでね」と書いてあるエレベーターの表示

上階フロアへつながっているこのエレベーターの速度が早く、5秒程度で一気に32階に到着する。

ちなみにザ・シャード内のバーがあるフロアは31階〜33階なので、高さ的にはスカイ・ガーデン(35階〜36階)より少しだけ低い。

「フロア68階〜72階、地上約245mの高さからの景色をどうしても眺めたい!」という場合には約£31(約4,650円)を支払って展望台へ入場するしかないけれど、「ザ・シャードからの景色も見てみたい」程度の感覚ならば、この31階〜33階にあるバーやレストランを利用するのできっと十分満足できるはず。

ザ・シャードから眺めるロンドン・シティ

ザ・シャードから見えるスカイガーデンがあるビル(ウォーキー・トーキー)

ザ・シャードから見えるスカイガーデンがあるビル(ウォーキー・トーキー)

ザ・シャードから見たロンドンシティ

日が暮れると街が光り始める

ザ・シャードから見たロンドン・タワー

ロンドン・タワーにもライトが灯る

ザ・シャードからのロンドンの眺め

マジック・アワーに包まれ始めるロンドンの街。手前にかかるのがロンドン橋。写真右側にはセントポール大聖堂。

そしてザ・シャードから眺めるロンドンの街の景色がこちら。

今回バーに入店したのが夜8時半頃。この時期ロンドンのサンセットが始まるのは夜9時頃なので、青空〜オレンジ〜藍色へと表情を変えていく空の様子をソファにゆったりと座りながら楽しむことができた。

空の変化に合わせて、店内の雰囲気も変化

ザ・シャードから見る景色

マジック・アワーに包まれ始めるロンドンの街

空がオレンジ色に染まり始めるとバーの照明も少しずつ落とされ、雰囲気もよりロマンチックに。ロンドンのパノラマビューを眺めながら、ビールやカクテル、ワインを片手におしゃべりにも花が咲く。

展望台に行くよりも、はるかにリラックスしてゆったりした時間を過ごすことができる。地上からの高さは展望台より低いかもしれないけど、悪くないよね?:)

バーに行ったら、トイレもぜひ利用してみて

ザ・シャード内のトイレ

トイレも全面ガラス張りのデザイン

ザ・シャード31階のトイレから見える景色

ザ・シャード31階のトイレから見える景色

ザ・シャード31階にあるお手洗い

ザ・シャード31階のトイレから見える景色

そしてどうしても紹介せずには要られないのが、バーがあるフロア内にあるトイレ。

ザ・シャードの外観と同じようにトレイのデザインも全てガラス張りになっていて、洗練されている。外壁もガラスになっているので、トイレにいながらもロンドンの絶景を楽しむことができる。

今回利用したバー:は「Aqua Shard(31階)」

ザ・シャード内にあるバー「Aqua Shard」

ザ・シャード31階にあるバー「Aqua Shard」。写真は公式サイトより。

今回利用したのは、ザ・シャード31階にある「 Aqua Shard」というバー。ラグジュアリーな雰囲気だけど、ビールやカクテルの価格設定は普通のパブと同じくらいで、ビール1杯(1ボトル)で約£5〜£6(750円〜900円)、カクテルは1杯約£10〜£15(1,500円〜2,250円)。

これに12.5%のサービスチャージ料が加算されるので、最終的に普通のパブに行くよりちょっと高めにはなる。

ザ・シャード内飲食店のドレスコードはスマートカジュアル

ザ・シャード内にある飲食店には、ドレスコードの設定あり。運動靴や運動着、スリッパのようなサンダルなどでは入店拒否される場合もあるのでちょっとだけ意識して洋服選びを。

ちなみに私はこの時、かなり大きいリュックサックをしょっていて全然エレガントじゃなかったけど全く問題なく入店できました。参考までに……。

バーのどのスタッフもものすごく素敵な笑顔で接客してくれる

照明が落とされたザ・シャードのバーの店内

照明が落とされたバーの店内

そしてトイレ以外でもう一つどうしても紹介しておきたいのが、このバーで接客をしているスタッフの人柄の素敵さ。誰もとてもフレンドリーで、満面の笑顔で、ものすごく気持ちのいい接客(飲み物しか頼んでいないにも関わらず……!)

長時間座っていても「景色楽しんでる?」と気軽に声をかけてくれたりして、本当にものすごく快適な空間でした!

欧州一高いザ・シャード展望台からの景色に約£31、バーでのカクテル1杯に約£10、さぁどっち!

ザ・シャードのバーでおしゃべり

今回のバーを利用して私が支払ったお金は£13。この金額でふかふかのソファに座り、おしゃべりと景色を楽しみながらゆったりと滞在を楽しむことができました。

欧州一高い地点からの景色をとるか、バーやレストランでゆったり過ごす時間をとるか……最終的には個人のお好みで!

どちらの方法を選択したとしても、訪れる価値があることは間違いなし。ロンドン滞在中にはぜひ立ち寄ることをおすすめしたいスポットです。

ロンドン「ザ・シャード」への行き方

「ザ・シャード」はZone1にあるロンドン橋のすぐ横にある。

■住所
32 London Bridge Street(London SE1 9SG)

■ビル名
The Shard

■利用可能な地下鉄駅:
最寄り駅は地下鉄ノーザン線(黒)とジュビリー線(灰色)が走る「ロンドンブリッジ(London Bridge)」駅。ザ・シャードはロンドンブリッジ駅のすぐ横。

その他にモニュメント(Monument)駅、バラ(Borough)駅が比較的近くにあり、これらの駅からは徒歩約10分。

ザ・シャード公式サイト(英語)

※展望台への入場は10時〜21時(最終入場)まで。
※バー・レストランの営業時間は各店舗によって異なる。

【関連記事】
地上約155m!ロンドン「スカイ・ガーデン(予約不要)」から見下ろす360度のパノラマビュー

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪ 

\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*