Italy

ヨーロッパ最大級のマルモレの滝 in ウンブリア・落差165mの見所紹介!大迫力を体感しに行こう

マルモレの滝の見所3:ニンフの輪

イタリア中部に位置し、海にも国境にも接していないイタリア唯一の内陸、豊かな緑に囲まれていることから別名「緑のハート」とも呼ばれるウンブリア州。ここには、ヨーロッパ一の高さを誇る「マルモレの滝(Cascata delle Marmore)」がある。今回はそのマルモレの滝についてのご紹介。

マルモレの滝とは?

イタリア内で最も高く、ヨーロッパ圏内においてもNO.1の高さを誇る「人工滝」。そう、マルモレの滝の驚くべきところは、この壮大なスケールの滝が古代ローマ人の手によって造られたということ! これほどの規模の滝を造り上げた古代ローマ人って、本当にすごい。

滝の落差は165m、3つの落下ポイントがあり、最大の落下ポイントでは83mの高さから滝水が激しく流れ落ちていく。緑豊かな山の中にあり、日々豊富な水量を吐き出し続け、息をのむ激しさと美しさで人々を魅了するこのマルモレの滝は、今では水力発電を行うパワーの源として使用されている。

マルモレの滝は、どこにある?

マルモレの滝がある場所( MAP)

イタリアのちょうど真ん中に位置するウンブリア州。マルモレの滝はウンブリア州の南側

マルモレの滝はローマから北に約110km離れた場所にある。ローマから車で向かう場合は有料道路「A1」に乗り、所要時間は約1時間45分ほど。電車で行く際には「テルニ駅(Terni)」まで向かい、そこからバスを利用し、トータルの所要時間は車とさほど変わらない1時間半〜2時間ほど。

ちなみに今回の私の移動手段は友人が運転する車にて。マルモレの滝の近くにある「ストロンコーネ」という小さな村を拠点にし、1泊2日のローマからの逃避行を行った。

余談:ローマから逃避行した理由

私たちがウンブリア州へ出かけた週末、ローマではEU誕生60周年を記念してイギリスを除く27カ国のEU加盟国代表が集まる大きなイベントが開催される予定があった。

それと同時に、EU反対派や支持者の大規模なデモが行われることが予想され、それらのデモが暴徒化するとことが懸念されていたため、ローマの中心地は金曜日の夜から警察官が街の状況をパトロールするなど、いつもの賑やかな週末の夜とはかけ離れた異様な雰囲気となっていた。

イベントが開催された土曜日(2017年3月25日)はローマ中心地の主要地下鉄駅「コロッセオ駅」、「スパーニャ駅」も閉鎖されることが決まっていて、誰もがその日はチェントロ(ローマの中心地)に近づかない方が良いと話していたほど。

ということで、私と友人はそんな恐ろしいローマの喧騒を避けるべく、豊かな自然とおいしい食事を堪能できるウンブリアで週末を過ごすことにした。

マルモレの滝は上から下って行くのがおすすめ

マルモレの滝敷地内MAP

マルモレの滝のMap。チケット売り場は滝の上と下にある

さて、マルモレの滝。敷地内に入るためのチケット売り場は滝の上側と下側にある。おすすめは上の入り口から入場して、滝水の流れに沿って「TRAIL N.1→N.2→N.3」と下っていくコース。下から登っていくよりも“良いリズムで”お楽しみポイントに遭遇できるように思える。

ちなみにマルモレの滝の通常の入場料は2017年3月現在で1人10ユーロ(1,200円位)。私たちは宿泊先からディスカウントチケットを貰うことができたので、1人6ユーロ(720円位)で入場できた。マルモレの滝の近くに宿泊する予定がある場合には、ディスカウントチケットがあるかどうか、ぜひ確認を!

ということで、ここからマルモレの滝の上から下っていく場合の見所ポイントを順にご紹介。

マルモレの滝の見所【1】いきなり圧巻のメインビュー!マルモレインボー(La Specola And The Rainbow)

マルモレの滝の見所1:La Specola And The Rainbow

迫力満点!83m下にある地上に向かって水が流れ落ちていく様は圧巻

チケット売り場からN.1のコースを約5分ほど下っていくと、いきなり目に飛び込んでくるのがこの圧巻の景色! 「マルモレの虹」と呼ばれていて、晴れた日であればほぼ確実にその虹に遭遇することができる。落差はこの滝最大を誇る83mで、マルモレの滝ビューポイントの中でも、最も人気のあるスポット。

豊富な水が大迫力で落ちていく様子は、ぜひ動画でも。

 

この豊富な水量が流れ落ちるゴゴゴゴーという音が絶え間無く鳴り響いていて、その音を聞いているだけでとてもリラックスした気分になる。

マルモレの滝の見所【2】恋人たちのバルコニー(The Lover’s Balcony)

マルモレの滝の見所2:恋人たちのバルコニー

さぁ、滝のふもとへ飛び込もう!

先のマルモレインボーを堪能した後、またしばらくN.1のコースを下って行くと、小さなトンネルの入り口を確認することができる。30mほど続くその細いトンネルを抜けた先にあるのが「恋人たちのバルコニー」。ここはマルモレインボーの「ふもと」にあたる場所で、83m上方からの迫力の水しぶきを浴びることができるスポット。

バルコニーへのダイブ、ぜひ挑戦してみて!

ここまできたら、もちろんバルコニーへのダイブに挑戦してほしい。びしょ濡れになるので、カッパは必須(チケット売り場でも販売している)。無事カッパを身につけた後は、思い切ってバルコニーへダイブするだけ!

正直バルコニーに立った所で水の勢いがすごすぎて何が何だか分からないし、靴も顔ももちろん濡れるけど、チャレンジした人だけが体感できる“最高の爽快感”をぜひ堪能してほしい!

なんで「恋人たちのバルコニー」という名前?

このスポットがなぜ「恋人たちのバルコニー」と呼ばれているのか。公式サイトによると、単純に「カップルに人気があるスポット」だからだとか(笑)。

もちろんそれだけでなく、マルモレの滝がある「テルニ」というエリアで有名な愛の司教「聖ヴァレンティヌス(セイントバレンタインデーの由来となった人)」に由来する物語もあるからだそう。

その愛の物語がこちら。

“その昔、美しいネリナという女性は彼女の恋人から疑いをかけられていた。そこに「ウエディングベール」の伝説的人物(精霊)が現れ、彼女の純潔さを証明する手助けをすることに。ウエディングベールの精霊がバルコニーに立ち、マルモレの滝の崖を杖で削った瞬間、滝水は素晴らしい花嫁のベールへと姿を変え、ネリナの純潔を証明することができた”

という、何ともファンタジーなお話し。とりあえず、単純に楽しむだけでもよし、恋人への純潔な愛を証明するためでもよし、とにかくこの「恋人たちのバルコニー」は、飛び込む価値、絶対にあり!

マルモレの滝の見所【3】ニンフの輪(The Ring Of The Nymph)

マルモレの滝の見所3:ニンフの輪

滝の壮大さを感じることができる1シーン

マルモレの滝の見所3:ニンフの輪

激しい水の流れを近くで見ることができる

続いての見所は、N.2のコース上にあってマルモレの滝のちょうど中心「ハート」の部分にあたる「ニンフの輪」。ニンフとは、山や川、森などに住む美少女の姿をした精霊のことで、ここはマルモレの滝の中でも聖域的なスポットと言えそう。

マルモレの滝の見所3:ニンフの輪

奥に見える橋を渡るのもエキサイティングでおすすめ!

2つ目と3つ目の落下ポイントを同時に見ることができるポイントでもあり、ここもまた大迫力! 激しく流れる大量の水の波動を感じるほど、近くを歩くことができる。

少し雑な動画しか取れなかったけど、現場はこんな感じ。

水量が多くて流れも激しいので、水しぶきもかなり浴びる。もちろん、ここでもカッパは必須。

マルモレの滝の見所【4】水の合流地点(The Meeting Of Waters)

さて、私が見た最後の見所はN.3コースにある激しい「水の合流地点」ポイント。ここに至るまでにたくさんの激流ポイントを見てきたけど、この「水の合流地点」の激しさは荒々しさを感じて、また別格の迫力がある。その様子がこちら。

流れ落ちてくる水の勢いと量もすごいけれど、そのプレッシャーに動じずどっしりと構え続けている下の岩もまたスゴイ。何とも言いがたい感覚を覚え、しばらく取り憑かれたように見入ってしまったほど不思議な魅力を感じるポイント。

下った後は、またスタート地点へ向かって登る

さて、思う存分滝を堪能した後は、最後の試練「来た道を辿って戻りましょうコース」が待っている。なぜなら車を停めた駐車場まで戻る必要があるから……。車でない場合には、下にある出入り口から出てもいいかもしれない(要確認)。

行きはほぼ下りだったので、帰りは必然的にすべて登り坂。それはそれで楽しいけれど、結構体力が必要なので、行き道を楽しみながらも帰り道のことも頭の片隅に入れておくと安心。

トータルの所要時間は3時間弱ほど

他の観光客に比べて、どのポイントでも結構じっくり時間をかけて見て回った私たち。敷地内を出る頃には、3時間弱の時間が過ぎていた。

そしてマルモレの滝の感想は大大大大満足! 特にこの日は天気も良かったので、最高の森林浴とマイナスイオンを浴びることができた。

マルモレの滝、訪れる価値大あり。子どもはもちろん、大人も夢中になってしまうほどの迫力と魅力で溢れている。ローマからもそう遠くないので、ぜひ足を伸ばしてみてね。


おまけ:余裕があれば、ウンブリア州の州都「ペルージャ」にもぜひ訪れて!

ペルージャの中心地にある長い階段

ペルージャの中心地にある長い階段

ストロンコーネで1泊した私たちは、翌日はウンブリア州の州都「ペルージャ」へ。ペルージャは、マルモレの滝から車で約1時間ほどの距離にある。サッカー選手の中田英寿がかつて所属していたフットボールチームがあることでも有名。チョコレートの街としても有名で、おいしいチョコレートを求めて街を歩く楽しみも。

2,000年以上も前の歴史の跡がいまだに残る美しい街で、ローマとは違ったまた独特な雰囲気を醸し出している。私は携帯紛失事件のためこの写真1枚しか残っていなくて本当に残念なのだけど、教会や美術館など見所満載で1日じゃ足りないほど! 時間に余裕があれば、ペルージャまで足を伸ばしてペルージャ観光もぜひ楽しんでくださいね。

最後に、宿泊場所として「ストロンコーネ」もとってもおすすめ!

ストロンコーネの街並み

石造りの家が並ぶ街並み

今回宿泊した場所はストロンコーネという小さな村。宿泊先は「Hotel Porta del Tempo」というホテルで、小ぢんまりとしているけれど清潔でとっても居心地がいい宿泊先。
▶︎Hotel Porta del Tempo(トリップアドバイザー)

ストロンコーネは丘の上に位置し、人口約4,900人ほど。都会の喧騒から離れて〜なんてありきたりな言葉だけれど、まさにそれができるピッタリな場所。ローマで激しいデモが起こっていることなんて想像できないほど、のどかな週末を過ごすことができました。ここもまた、機会があればぜひ訪れてみてくださいね。

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*