Italy

アルベロベッロ・観光に行く前に知っておきたい5つのTips

世界遺産登録数No.1を誇る世界遺産大国イタリア。そんなイタリアの世界遺産の一つに「アルベロベッロ」と呼ばれる街があるのをご存知ですか? 今回は「アルベロベッロの観光に行くのがもっと楽しみになった!」、「アルベロベッロに行ってみたい!」そんな気持ちになってもらえるといいなという願いを込めて、観光前に知っておきたいアルベロベッロのちょっとした“小ネタ”5つを紹介します。

アルベロベッロはイタリアの「かかと」部分にある

アルベロベッロは、南イタリアにあるプーリア(Puglia)州の州都・バーリ(Bari)の南東部にある小さな街。イタリアはブーツの形をしているとよく例えられますが、アルベロベッロはちょうどその「かかと」部分にあります。

アルベロベッロの街自体はとても小さいので(人口1万1,000人前後)、観光拠点をバーリに置き、バーリからの日帰り旅行または1泊2日の宿泊旅行で訪れるのがスタンダードかつ人気のコースとなっています。ちなみにバーリからアルベロベッロまでは、電車で約1時間15分です。

アルベロベッロってどんな街?観光をより充実させる5つのTips

「おとぎの国みたい」とよく言われているアルベロベッロ

「おとぎの国みたい」とよく言われているアルベロベッロ

そんな小さな街アルベロベッロですが、世界中から観光客が訪れている大人気の街です。アルベロベッロが多くの観光客を魅了している最大の理由は、そのメルヘンな街並み。アルベロベッロの街を歩いているだけで、誰もがまるで絵本の中に迷い込んだかのような気持ちになるはずです。

そんなメルヘンな街中をそぞろ歩くだけでも十分楽しいのですが、より充実した観光時間を過ごすために、アルベロベッロにまつわる以下の小ネタにぜひ目を通してみてくださいね。

1.「アルベロベッロ」はイタリア語で「美しい木」、でも実際は?

アルベロベッロは「美しい木」が並ぶ街?

アルベロベッロは「美しい木」が並ぶ街?

アルベロベッロという、意識せずともついつい巻き舌で発音してしまいそうなこのユニークな名前。イタリア語でアルベロ(Albero)は「ツリー(木)」、ベッロ(bello)は「美しい」を意味する単語で、アルベロベッロ(Alberobello)を単純に訳すと「美しい木」という意味になります。

ところが、アルベロベッロの本来の名前の由来は、ラテン語の「シルヴァ・アルボリス・ベッリ= Sylva Arboris Belli(戦争の森/木)」からきているという説が最も有効と言われています。

アルベロベッロ周辺では、ぶどうやオリーブの栽培も盛ん

アルベロベッロ周辺では、ぶどうやオリーブの栽培も盛ん

というのも、肥沃な土壌を有していたアルベロベッロでは、「農業で稼ぐ」ことを狙った周辺地域が植民地化を巡って激しい衝突を繰り広げてきたという歴史があります。当時のアルベロベッロは争いを生む土地として知られていたことから、「不和の林檎(※)」と形容されていたほど。

※「不和の林檎」という表現はギリシャ神話に出てくるもので、衝突するもの同士の中心にあるものを指す言葉です。

確かに、美しい木が並んでいるようにも見えるアルベロベッロ

確かに、美しい木が並んでいるようにも見えるアルベロベッロ

そんな激しい戦いが起こっていたのですから、アルベロベッロがかつて「シルヴァ・アルボリス・ベッリ(戦争の森/木)」と呼ばれていたのも納得。ではありますが、現在のイタリア語で表現されている「アルベロベッロ(美しい木)」の方が、今のメルヘンな街並みにはやっぱりしっくりきますよね。

2.アルベロベッロの目玉といえば、世界遺産に登録されているトゥルッリ(Trulli)

アルベロベッロの住居群(トゥルッリ)

アルベロベッロの住居群(トゥルッリ)

アルベロベッロをメルヘンな世界に仕立てている最大の立役者といえば、トゥルッロ(Trullo)。トゥルッロとはアルベロベッロに伝わる独特な造りをした家のことで、トゥルッロ(単数系)がたくさん集まると、トゥルッリ(Trulli = 複数形)と呼ばれます。

とんがり帽子のような屋根ががわいいアルベロベッロのトゥルッリ

とんがり帽子のような屋根ががわいいアルベロベッロのトゥルッリ

ちなみにトゥルッロ(Trullo) という言葉は、ギリシャ語で 「丸屋根、丸天井(ドーム)」 を意味する 「トゥーリゥス(Tholos)」 から生まれた言葉と言われていますが、アルベロベッロのトゥルッロは丸屋根というよりも、とんがり帽子のように円錐の形をしています。

そんなトゥルッロがたくさん集まっているエリアが、アルベロベッロ内にある「モンティ地区」と「アイア・ピッコラ地区」で、「The Trulli of Alberobello(アルベルベッロのトゥルッリ=アルベロベッロのトゥルッロ住居群)」として、1996年、世界遺産に登録されています。

3.アルベロベッロ・トゥルッリ最大の特徴は、すぐに解体できること

石を積み上げることで建てられているトゥルッリ

石を積み上げることで建てられているトゥルッリ

さて、その独特の住居建築から世界遺産にまで登録されたアルベルベッロのトゥルッロ住居群(トゥルッリ)ですが、何が独特なのかというと、ずばり「すぐに解体できること」です。

アルベロベッロ周辺でよく採取することができた「石灰岩」を整形し、丁寧に積み上げるだけで建てられているトゥルッリは、現在でいう「乾式工法」と呼ばれる建築方法が使われています。

アイラ・ピッコラ地区では、昔ながらのトゥルッリも見ることができる

昔ながらのトゥルッロを見ることができるアイラ・ピッコラ地区

モルタルなどの接着剤を一切使用していないため、解体しようと思えばすぐに解体できてしまうというのがトゥルッリの最大の特徴。またトゥルッリの建築が始まった14世紀半ばには白壁部分はなく、キャンプのテントのようなイメージで、円錐形の屋根だけが直接地面の上に積み上げられていたと言われています。

ちなみに現在アルベロベッロにあるトゥルッリのほとんどは、白壁部分はしっかりと接着されており、石が積み上げられているのは屋根の部分のみとなっています。

4.トゥルッリは、先史時代から継承されている技術を見ることができる「生きた証」

昔のアルベロベッロの人々の暮らしを再現したジオラマ

昔のアルベロベッロの人々の暮らしを再現したジオラマ

石を積み上げるだけで造られているトゥルッリ。解体が簡単と聞くと、住み心地が悪そうな印象を受けるかもしれませんが、「それなりに快適な生活を送れる」のがトゥルッリのすごい所。

実はトゥルッリの壁は二重構造になっており、内壁と外壁の間には土砂がサンドされています。この土砂は、雨が降った時に雨水を濾過しながら地下まで誘導する排水路のような役割を果たしているため、雨が降っても石の隙間から雨水が漏れてくる心配はありません。

加えて土砂で濾過した雨水を地下に設置した水槽に溜めることによって、日差しが強く、雨が少ないアルベロベッロでの生活において、水を有効活用することも計算されています。

観光地化されていない、今でも一般の人が暮らすアイア・ピッコラ地区

観光地化されておらず、今でも一般の人が暮らすアイア・ピッコラ地区

また、白い壁は室内を明るく見せるのに効果的で、外気を遮断しつつも明るい室内で過ごすことができるという仕組みになっています。このように、トゥルッリは解体することが簡単ながらも、当時の人々は「それなりに快適な生活」を送ることができていたのです。

そしてこれらの建築技術は、西ヨーロッパにおいて先史時代から使われていたもの。そんなはるか昔からある建築技術を、現代の世界でも見ることができるのがアルベロベッロのトゥルッロ住居群(トゥルッリ)。先史時代に使われていた乾式工法の「生きた証」として高く評価されているのも納得です。

5.アルベロベッロのトゥルッリは、ケチな領主の税金対策のために生まれた

アルベロベッロのトゥルッリ

トゥルッリの屋根を近くで見ると結構な迫力がある

ここまでの説明で、「アルベロベッロのトゥルッリって何だかものすごいぞ」と思った方もいるかもしれませんが、アルベロベッロでトゥルッリが盛んに建てられるようになった背景には、「ちょっとがっくし」なストーリーが秘められています。

なぜ「がっくし」かと言うと、アルベロベッロのトゥルッリは、税金を払いたくないある領主の命令によって盛んに建てられるようになったからです。

びっしりと隙間なく建てらているアルベロベッロのトゥルッリ

びっしりと隙間なく建てらているアルベロベッロのトゥルッリ

トゥルッリの建設が始まったのは14世紀半ばからと言われていますが、アルベロベッロでトゥルッリ造りが最も盛んになったのは17世紀始めの1620年から。

その当時新たにアルベロベッロの領主となったジャンジローラモ・アックアヴィーヴァ(ジャンジローラモ2世)という人物が、パン屋さんや小麦粉屋さんなどの商業施設を始め、たくさんの住居を建てることでアルベロベッロに人を誘致し、アルベロベッロの都市化計画を始めたことがきっかけです。

ところが、「住民の数(住居の数)に応じた納税」を義務付けられていた当時の領主たち。「自分が治めている街にたくさんの人に住んで欲しいけど、税金は払いたくない」と考えたジャンジローラモは、政府のチェックが入るタイミングに合わせて簡単に解体できる、トゥルッリのみを住居として認めることにしました。

一つの立派な街へと進化を遂げたアルベロベッロ

一つの立派な街へと進化を遂げたアルベロベッロ

「アルベロベッロ内で、トゥルッロ以外の家の建築は禁止する」というなんとも自分勝手な行動をとったジャンジローラモ。ですが彼のこの身勝手なルールによって、当時はまだ40ほどしかなかったトゥルッリが一気に1,000以上にも増え、現在世界遺産に登録されている「モンティ地区」や「アイア・ピッコラ地区」が形成されたと言われています。

政府のチェックが入るたびに住民に家(トゥルッリ)を解体させることによって、ジャンジローラモはせっせと脱税に励んでいたそうです。

ケチな領主ジャンジローラモのおかげで今のアルベロベッロが出来たのかと思うと、何だか少し「がっくし」な気持ちにもなりますが、彼のケチさに感謝して、アルベロベッロの観光を楽しみましょう!

さぁ、アルベロベッロの観光に出かける準備はできましたか?

多くの観光客で賑わうアルベロベッロ

多くの観光客で賑わうアルベロベッロ

おとぎの国のようにメルヘンな世界が広がるアルベロベッロですが、この街が出来上がるまでの背景を知ることによって、観光中に目にするものから受ける印象も大きく変わってくると思いませんか? ということで次回の記事では、アルベロベッロを訪れた際に絶対に抑えておきたい観光スポットについて紹介します。

アルベロベッロには、どんな見どころが詰まっているのでしょうか?乞うご期待!

【関連記事】
アルベロベッロ観光で絶対に外せない必見スポット10選

\リアルタイム更新中♪/
ブログには書かないような小ネタを、リアルタイムでインスタにアップしています。こちらもよかったら、覗いてみてください:)
どんな小ネタなもんか覗いてみる


\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*