Montenegro

コトルの観光スポットまとめ8:宝石箱のように美しい街並みと城塞からの絶景

中世の薫りが未だ色濃く残る街、コトル。モンテネグロの西側、コトル湾の奥の奥の方にひっそりと、静かに、そして穏やかにあり続けてきた小さな街。今回は、そんな小さくもとてつもなく美しいコトルの街の見どころについてのご紹介:)

コトル観光前の豆知識

海と山に囲まれたコトル

海と山に囲まれたコトル

15世紀から18世紀まで、およそ380年もの期間ヴェネツィア共和国の支配下に置かれていたコトル。その街並みはヴェネツィア共和国の影響を強く受けていて、今尚ヴェネツィアの名残を感じさせる建物が多く存在している、そんな街がコトル。

コトルにもいる「ヴェネツィアの獅子」

コトル旧市街正門の近くに飾られているヴェネツィアの獅子

コトル旧市街正門の近くに飾られているヴェネツィアの獅子

ヴェネツィア共和国が支配していた街の証として、一番わかりやすいシンボルとなるのが「ヴェネツィアの獅子」の像。

この像はコトルの旧市街につながるメインゲート(海の門)近くの城壁に飾られているので、かつてコトルがヴェネツィア共和国の支配下にあったことをすぐに知ることができる。

ちなみにこのヴェネツィアの獅子、世界一夕日が美しい街・クロアチアの「ザダル」でも紹介しています:)

コトル旧市街は、まるで宝石箱のように美しい

夜のコトルのシーサイドストリート

コトルの夜のシーサイドストリート

ヴェネツィアの獅子が飾れている城壁の正門をくぐり、コトルの旧市街へと一歩足を踏み入れれば、まるで中世にタイムスリップしたかのような感覚に。雰囲気、街並み、石造りの家々、そして路上のあちこちから聞こえてくる美しい音色。ゆったりと流れていく時間。

高い城壁で覆われたその小さくも美しい街を初めて歩いたその瞬間に、私はコトルが大好きに。コトルの街は、お隣の国・クロアチアで訪れてきたどの街よりも素敵だった。その訪れることでしか分からなかった街の美しさは、大げさじゃなく、まるで秘密の宝石箱のよう!

1979年に世界遺産の街へと登録されたコトル旧市街

そんな小さな小さな街、コトル。実は1979年に世界遺産に登録されていて、世界が認めた貴重な歴史と文化が残る街。そんな“実はすごい”コトルの観光スポットとして外せない場所がこちら。

観光1:全長4.5kmあるコトルの城壁

山の頂上まで続くコトルの城壁

山の頂上まで続く城壁

コトル観光のハイライトと言えるのがこの城壁散策。頂上にある「聖ヨハン(又は聖ジョバンニ)の要塞」までの道のりは、片道約45分~1時間。道中はほとんど階段で歩きやすく整備されているけれども、これが結構ハードな道のり。

山の頂上まで続くコトルの城壁

ジグザグ坂道の階段をのぼっていく

歩くの大好きで、1日30km近くは軽く歩けるトレッキング慣れしている私でも、登りは途中で何度か休憩を挟まないときつかったです(登り道ではなく、ほぼ階段だったからかな?)

それでも、登って絶対に損はしない絶景が待っている

山の頂上にある聖ヨハネの砦から見えるコトルの旧市街とコトル湾

山の頂上にある聖ヨハン(又は聖ジョバンニ)の要塞から見えるコトルの旧市街とコトル湾

それでも頑張って登った先には、コトル湾を一望できる絶景が待っている。風のない日のコトル湾は、まるで絵をみているのかと思うくらいに静かで、壮大で、時を忘れて眺め続けてしまうほど。

山の頂上にある聖ヨハネ城跡から見えるコトルの旧市街とコトル湾

少しコトル旧市街に近寄って見てもまた絶景

コトルを訪れた際には、絶対に欠かせない観光スポット!

コトルの城壁に関する詳細は、別の記事にて詳しく紹介しています:)

観光2:コトル一有名な教会聖トリンプ大聖堂

聖トリンプ教会

教会の正面。塔以外は建設当時のまま

コトルの旧市街で最も有名な教会が、コトルの守護聖人の名前がついた「聖トリンプ大聖堂」。1,166年建築の、ローマ・カトリック教会。

建物はロマネスク様式で、過去の震災などで破損してしまった塔以外は、1,166に建てられた姿のまま。
中の様子はこんな感じでエレガント。

聖トリンプ大聖堂の内部の様子

聖トリンプ大聖堂の内部の様子

教会内には2つの側廊(左右の廊下)があるので、バシリカ式のデザインとも言われている。中央の祭壇部分には、ロマネスク・ゴシック様式で造られた石造りの天蓋。

コトルの守護聖人・聖トリンプ

コトルの街を抱えた守護聖人トリンプ

コトルの街を抱えた守護聖人トリンプ

聖トリンプ大聖堂の入り口上部に飾られている、キラキラまぶしい黄金の銅像のこのお方が、コトルの守護聖人・聖トリンプさん。コトルの街の形をした模型を抱えている姿が特徴的。

キリスト教の守護聖人に関しては、コトルから約2時間半の場所に位置する大人気観光都市、クロアチア・ドブロブニクを紹介する記事にて説明しています。

【コトルにある教会の豆知識】

聖トリンプ教会内部の様子

聖トリンプ教会内部の様子2

その昔、コトルの海の向こう側ではローマ・カトリック教会が、背後にある山の向こう側では東方正教会が主な信仰の対象となっていた。その2つの宗派のちょうど境目にあるのが、コトルの街。

ということでコトルには、ローマ・カトリック教会、東方正教会と異なる宗派の教会が昔から共存している。その他、ボスニアやアルバニアをルーツに持つ住民も多く住んているので、コトルにはイスラム教徒も多く住んでいる。

観光3:コトルのシンボル、時計塔

武器の広場に建つ時計塔

武器の広場に建つ時計塔

コトルの正面ゲートをくぐって最初に目にする大きな建物で、コトルのシンボルとも言われているのが、1,602年に建てられたこの時計塔。今でも現役で、刻々と時を刻み続けている。

時計塔の正面には「恥の柱」

コトル武器の広場、恥の柱

画像荒くてごめんなさい

そしてこの時計塔の前にあるピラミッドの形をした柱は「恥の柱」と呼ばれるもの。

かつてこの時計塔前の広場は公開処刑場としても使用されていた場所で、罪を犯した人をこの柱に吊るし、市民の晒し者にする罰を与えていたそう。

今ではそんな柱の横に椅子が設けられ、ちょっとした記念撮影スポットになっている。

観光4:聖ルカ広場の聖ルカ教会

聖ルカ教会外観

そのサイズ感が可愛らしい教会

聖トリンプ大聖堂が建てられた約30年後の1,195年に建てられたのがこの聖ルカ教会。広場に小ぢんまりと少し斜めに建っている姿が可愛らしい。

2つの異なる宗派が共存した、ユニークな背景を持つ教会

聖ルカ教会の内部の様子。現在は正教会式になっている

聖ルカ教会の内部の様子。現在は正教会式になっている

そしてこの聖ルカ教会、元々はローマ・カトリックの教会として建てられていたものの、1,657年に東方正教会の教会へと変更されたとのこと。

そして興味深いことに、東方正教会へと変わった後も19世紀まではローマ・カトリック教と正教会の2つの祭壇が教会内に置かれていたそう。

同じキリスト教とはいえ、2つの異なる宗派が1つの教会に共存していたという、ちょっとユニークな背景を持つのがこの聖ルカ教会。

教会内ではローマ・カトリック教の宗教画の名残も確認することができるので、その見学もお楽しみに。

観光5:近代的な聖ニコラス教会

聖ルカ教会のすぐ目と鼻の先にある正教会の聖ニコラス教会

聖ルカ教会のすぐ目と鼻の先にある正教会

聖ルカ広場の一角、聖ルカ教会のすぐ隣に立つのが、聖ルカ教会と同じく東方正教会の聖ニコラス教会。元々12世紀初めに建てられた教会だったけれど、19世紀に起こった火災で焼け落ちてしまった。

火災後の修復は1902年に始まり、今の姿へと完成したのが1,909年。

聖ニコラス教会の内部

豪華なイコンで飾られた聖ニコラス教会の祭壇

教会内部の祭壇にはゴージャスなイコン(正教会の宗教画)がズラリと飾られているものの、どことなくシンプルなデザイン。

私が見学した際には、赤ちゃんの洗礼式のようなセレモニーが行われていました。写真はその様子。

観光6:コトル旧市街に入る3つの門

コトル旧市街につながる門は、先に紹介した門を入れて全部で3つ。

1:正門(Sea gate)

かつて海につながっていたコトル旧次市街の正門(海の門)

かつて海につながっていたコトル旧次市街の正門(海の門)

正面にあるのが海の門で、かつては海からしか上陸できなかった門。

コトル正門付近のベンチ

身長3メートルで丁度良さそうなサイズのベンチ

私が訪れた際には、正門の横に巨大な椅子が置かれて記念撮影スポットとなっていた。ちなみに写真右奥の方に見えるのが、ヴェネツィアの獅子。

2:南門(Gurdic Gate)

コトル旧市街・南門

コトルのバスターミナルからは南門が一番近い

正門を正面に見て右側に位置するのが、この南門。この門には、謎に巨大な人形が置かれていて、訪れる人を歓迎している。この人形の意味、コトル滞在中に現地の人に聞いておくべきだったと後悔しています。

どなかたこの人形の意味を知っている人がいたら教えてください……!

3:北門(River Gate)

ライトアップされて幻想的な表情を見せる北門

ライトアップされて幻想的な表情を見せる北門

きっと最も需要が少ないと思われるのがこの北門。旧市街の外から行くとだいぶ分かりにくいので(実際に私はたどり着けなかった……)、旧市街の内側から攻めるのがオススメ。

私が北門まで行ったのは夜だったので、まるでタイムワープのドアのような雰囲気。とっても幻想的で素敵でした。

観光7:夜の中世ムードを味わいに、日没後も散策に出かけよう

夜の聖ルカ教会

夜の聖ルカ教会

コトルの旧市街は、日没後になるとその美しさがさらに深まっていく。なので夜も散策に出るのが絶対おすすめ。

コトル旧市街の夜

街のライトは薄暗いけど、逆に雰囲気がいい

街のライトは少し電力が足りないような薄暗い灯りなのだけど、むしろそれがとっても素敵。石造りの街をぐっと魅力的に照らし出し、中世の夜の街を散策している気分に。

コトル旧市街夜の時計塔

夜の時計塔

さらに街角のあちこちでクラシックの路上演奏やバイオリン演奏などが行われているので、音楽の力も相まって更にロマンチックな雰囲気。

コトルは女性一人でも安心して歩ける街

コトル旧市街背後には、ライトアップされた城壁

旧市街背後には、ライトアップされた城壁

コトルは治安も良く、そこに暮らす人たちものんびりしていてお穏やかなので、女性一人で夜遅くまで歩いていても安全(と言っても自己責任で!)。なのでぜひ、夜ならではのコトルの魅力的な表情を味わいにでかけてください。

本当に、夜の散策は心の底からおすすめ! 私のコトルの滞在の中で、一番うっとり気分にひたった時間が夜の散策でした。

観光8:アドリア海のシーフードがリーズナブルに楽しめる

コトルのシーフード

ゆでダコ、確か13ユーロ程(約1,690円)

そしてコトルでグルメのお楽しみといえば、アドリア海から獲れる新鮮なシーフード。お隣の国クロアチア・ドブロブニクと比べると遥かにリーズナブルで、味付けも全然違います。

コトルのシーフード

こっちは魚まるごと1匹。同じく13ユーロ程(約1,690円)

ガーリックが結構多めに使われているので、ガーリック好きならきっと気に入るはず。コトルを訪れたら、そんなコトル流のシーフードもぜひ楽しんでください(お店の名前はすみません、忘れました)。

【おまけ】コトルの街は猫だらけ

コトルの猫

お店に侵入するニャー

猫好きの皆さん、コトルの街は猫だらけです。猫に会うためだけにコトルを訪れても、きっとがっかりすることはありません。それくらい、子猫から大人猫までそこら中に猫がいます。

さらには猫の美術館までも(!)

猫にまつわる色んなアイテムが展示されているコトルの猫博物館

猫にまつわる色んなアイテムが展示されている猫博物館

そう、コトルが猫を愛する気持ちは本物です。コトルのお土産としての猫グッズも豊富なので、猫好きなあなたは散財しちゃうかも:)

小さな宝石箱のように美しい、中世の街コトル

コトル旧市街とコトル湾

最後にもう一度コトル旧市街とコトル湾:)

コトルの旧市街は決して広くないし、人によってはもしかしたらちょっと物足りない街かもしれない。でも、それでも!! このコトルが持つ中世薫る雰囲気は、誰がなんと言おうと格別。そんな素敵な街を歩き、絶景を眺め、美味しいシーフードを堪能する。そして街中にあふれる美しい音色。

訪れた人はきっと、コトルの街の魅力にどっぷりはまるに違いありません:)

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪


 

\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*