Croatia

プリトヴィツェ湖群国立公園で絶対外せない見どころ!360度絶景!

クロアチアにある世界遺産の1つで、かつ観光地としても大人気のスポットとなっているのがプリトヴィツェ湖群国立公園。1979年にユネスコ世界自然遺産に登録され、今なお変化し続けているという生きた芸術作品!

ということで今回は、そんなクロアチア観光に欠かせない場所プリトヴィツェ湖群国立公園の見どころ、散策の仕方、行き方について紹介します。

※プリトヴィツェ湖群国立公園への行き方や入場料金などは記事の最後にて紹介しています

プリトヴィツェ湖群国立公園ってどんなところ?

プリトヴィツェ湖群国立公園がある位置

首都ザグレブから南に約110kmの位置にある

プリトヴィツェ湖群国立公園があるのは、クロアチアのちょうど真ん中辺り。

クロアチアの首都ザグレブからバスで約2時間半(南に約110km)、同じく人気の観光都市ザダルからも約2時間半で行けるので、どこかの街の滞在とセットにして日帰りで訪れる、というのが人気かつ定番コース。

自然をとことん満喫したいなら泊りがけでの来園がおすすめ

エメラルドグリーンに輝くプリトヴィツェの湖

エメラルドグリーンに輝くプリトヴィツェの湖

日帰りコースでプリトヴィツェ湖群国立公園内すべてを回りきることはほぼ不可能なので、プリトヴィツェの自然をたっぷり満喫したいという場合は、プリトヴィツェ周辺に泊まりがけで出かけ、最低2日間はかけて園内を散策するのがおすすめ。

プリトヴィツェ湖群国立公園には、92の滝と大小16の湖がある

プリトヴィツェの湖

16ある湖の1つ「カルヴァツ湖」

とにかく広いプリトヴィツェ湖群国立公園。その面積は192㎢で、東京都23区全体の約1/3を占める広さ。ね、1日で回りきるのは無理でしょ?:)

広大なプリトヴィツェ湖群国立公園

プリトヴィツェ湖群国立公園はとにかく広大!

その広い園内には92の滝と大小異なる16の湖があり、滝はそれぞれ異なる姿で個性的な魅力を持ち、エメラルドグリーンに輝く湖は目にするだけで心が癒されていく美しさ。そしてこれらすべてもちろん、すべて自然に出来上がったもの!

自然の恩恵を全身で感じることができる場所

プリトヴィツェ湖群国立公園

そして大自然に癒してもらえる場所

プリトヴィツェ湖群国立公園では、大自然の美しさを目で見て、自然が生み出す音を耳で聞いて、新鮮で澄んだ空気を味わって、はるか彼方から続く自然の営みを心で感じる……。こんな風に、五感をフル活用し、全身で大自然の恩恵を味わうことができるのが、このプリトヴィツェを何よりも魅力的にしている。

プリトヴィツェ湖群国立公園散策時には自分に適したコースを選ぼう

プリトヴィツェ湖群国立公園の全体図

プリトヴィツェ湖群国立公園の全体図

実際にプリトヴィツェ湖群国立公園の散策を満喫するためのポイントは、自分に適したコースを選択するということ。

プリトヴィツェ湖群国立公園を散策するモデールコースは全部で9つあり、来園者は時間の制約や体力の都合に合わせて自分に適したコースを選択することができる。

プリトヴィツェ散策コースで最も人気があるのはBの4時間コース

プリトヴィツェ散策Bコースのルート

最もポピュラーかついいとこ取りなBコース(中段)

公園側から提案されている9つのコースの中で最もスタンダードなのがBの4~5時間コース。プリトヴィツェの下湖群をメインに巡るコースだけれども、Bコースを選択すればとりあえずプリトヴィツェ公園のメイン所には立ち寄ることができるのでおすすめ。

短すぎず長すぎず、ハイキングを楽しむにも丁度いい距離。そんな理由から、日帰りコースで公園を訪れる多くの人がこのBコースを選択している。

ということで、お待たせいたしました! 以下より、プリトヴィツェ湖群国立公園に訪れたら絶対に抑えておきたい見どころを紹介します。

※園内に2つある出入り口の内、エントランス1から入場した場合は以下の順番で見どころを巡ることができるようになっています。

見どころ1:園内で最も迫力のある滝「プリトヴィツェ滝」

最も規模の大きいプリトヴィツェ滝

園内かつクロアチア国内で最も規模の大きいプリトヴィツェ滝

エントランス1から入場して散策を開始した場合、早速大迫力の見どころ満点ポイントに遭遇する。それが園内で最も迫力があり、クロアチア一大きい滝でもあるプリトヴィツェ滝。

リトヴィツェ湖群国立公園

こんな記念撮影が定番

その落差は75メートルで、プリトヴィツェ湖群国立公園内で最も人気のあるスポットの一つ。

プリトヴィツェ滝までの道中で見える絶景にも注目!

エントランス1付近から見下ろしたプリトヴィツェ滝周辺の景色

エントランス1付近から見下ろしたプリトヴィツェ滝周辺の景色

そしてこのプリトヴィツェ滝に行くまでの道中にも、息を飲む絶景が。プリトヴィツェ滝を上から眺めることができ、水が上から下に巡っていく様子や園内に生える木々の姿、エメラルドグリーンに輝く湖すべてをセットで視界に収めることができる。

とても贅沢な景観で、これぞまさに神々が作る箱庭! 散策を開始して早々、プリトヴィツェの大自然から手厚い歓迎を受けている気分に:)

見どころ2:階段状に流れて落ちていく「ミルカ・トルニナ滝」

エレガントな雰囲気のミルカ・トルニナ駅

エレガントな雰囲気が漂うミルカ・トルニナ滝

クロアチア一の大滝プリトヴィツェ滝を堪能した後、15分~20分ほど歩いた所で目にするのが階段状に流れ落ちる様子が美しい「ミルカ・トルニナ滝」。

このミルカ・トルニナという名前は、クロアチアの女性オペラ歌手「ミルカ・トルニナ」の名前からつけられたもの。

プリトヴィツェ湖群国立公園を愛してやまなかった女性

ミルカ・トルニナ滝近辺の光景

ミルカ・トルニナ滝近辺の風景

ミルカ・トルニナはプリトヴィツェをとても愛していて、1897年にサグレブで行ったオペラの公演料すべてをプリトヴィツェの保護協会に寄付したほど。

プリトヴィツェ保護協会はその行為に感謝し、彼女が特に愛していたという滝に本人の名前をつけたとのこと。

プリトヴィツェ湖群国立公園

ミルカ・トルニナ滝近辺の風景その2

このミルカ・トルニナの滝は先のプリトヴィツェ滝のような大迫力!感はないけれど、ゆったりとした階段状になった地形を水がなだらかに流れていく様子は癒しそのもの。

オペラ歌手が虜になったのも納得の、その美しさをじっくりと味わいたいスポットです。

見どころ3:遊覧船で園内一大きな湖「コジャク湖」を縦断

コジャク湖を縦断する遊覧船

コジャク湖を縦断する遊覧船

ミルカ・トルニナ滝を堪能した後は、プリトヴィツェ湖群国立公園内一の広さを誇る「コジャク湖」を遊覧船で縦断。

ちなみにこの遊覧船への乗船は、Bコース散策の一部。ここで一気に下湖群の下側までショートカット移動!

湖上から眺める風景も満喫!

プリトヴィツェ湖群国立公園のボート

ボートをレンタルして湖上散策を楽しむ方法も

このコジャク湖縦断の最大の楽しみは、湖の中心から眺めるプリトヴィツェ湖群国立公園の様子。歩道から見る景色とはまた異なる視点で景色を眺めることができて新鮮。

遊覧船に乗船中は、湖上ならではのプリトヴィツェの時間をゆっくり味わってください。ちなみにP3~P2までの遊覧船での移動にかかる時間は約20分ほど。

遊覧船乗車料金は公園入園料に含まれている

プリトヴィツェ湖群国立公園の遊覧船

遊覧船に一度に乗れる定員は約100名

この遊覧船への乗車料は無料。というわけではなく、プリトヴィツェ湖群国立公園の入園料に含まれている。園内の遊覧船乗り場はP1〜P3まで3つあり、コジャク湖の縦断はP3→P2の間。

そしてこのP3→P2間に乗船できるのは1度まで。またプリトヴィツェの入園チケットはこの遊覧船にのるチケットにもなるので、チケットは入園後も失くさないように注意!

P3→P2間の遊覧船に乗船する際は、プリトヴィツェ入園チケットに乗船スタンプが押されます。

P1←→P2は複数回乗ることが可能

プリトヴィツェ湖群国立公園

P1から見たP2の遊覧船乗り場。かなり近い

ちなみに距離が短い(乗船時間5分ほど)P1~P2間は複数回乗船することが可能。乗船時のチケットチェックもないので、気軽に乗り降りできる。

湖の向こう側に渡った後にやっぱりまた戻りたい!という場合などにも遠慮なく利用できる。

ハイシーズン中は遊覧船の待ち時間に注意!

プリトヴィツェP3にて遊覧船への乗船を待つ来園者の列

P3乗り場にて、遊覧船への乗船を待つ来園者の列

ハイシーズン中の夏は、この遊覧船に乗るにも行列が。特にP3~P2間はひどい時には乗船まで2時間待ちになる場合も。

この待ち時間はBコース散策の所要時間には含まれていないので、ハイシーズン中に訪れる場合には時間に余裕を持って動くことを激しくおすすめします。

ちなみにP1~P2間は行列ができていても比較的すぐに順番が回ってくるので、待ったとしても15分~30分程度とふんでおけば丈夫。

見どころ4:滝のカーテンがエレガントな「プルシュタヴァツの滝」

歩いていると急に姿を表すプルシュタヴァツの滝

歩いていると急に姿を表すプルシュタヴァツの滝

P3→P2へと無事移動した後は、再び散策を開始。次に向かうのは、「プルシュタヴァツの滝」という巨大な滝のカーテンを眺めることができるスポット。

落差は27メートルと先に紹介したプリトヴィツェ滝の半分もないけれど、横に広い滝なので迫力は満点! その光景はまさに滝のカーテン。絶え間なく流れ落ちてくる水のカーテンは、何分でも見ていられるほど。

でもここは歩道が狭いので、立ち止まると渋滞を起こす可能性も。他の観覧客に邪魔にならないことを意識しながら見学を。

その他:プリトヴィツェ湖群国立公園の美しき世界

プリトヴィツェ湖群国立公園

お魚寒天に見間違えるほどクリアな水

上記4つがプリトヴィツェ湖群国立公園の中で特に見逃せないスポットかつ美しさもピカイチなポイントだけれども、上記4つ以外でも、園内はどこを歩いても絵になるところだらけ!

リトヴィツェ湖群国立公園

遠くに見える滝もまた素敵

リトヴィツェ湖群国立公園

木々の隙間からこんな絶景も

プリトヴィツェ湖群国立公園

石に生えた苔も幻想的

とにかく、園内を散策している間中、360度どこを見ても絶景。自然の美しさに感動しっぱなしのトレッキングになること、間違いなしです!

それでは最後に、プリトヴィツェ湖群国立公園を訪れる際の豆知識、行き方、料金についてまとめておきます。

【豆知識1】ハイシーズン中は早め早めの行動で混雑回避

プリトヴィツェ国立公園、午前10時頃のエントランス1の様子

ハイシーズン中7月の午前10時頃のエントランス1の様子。そこまで混んでいない

先にも少し触れたとおり、ハイシーズン中はプリトヴィツェ園内は観光客で大混雑。特に遊覧船に乗る場合には待ち時間が長くなる場合も。

少しでも混雑を避けたいなら、朝なるべく早いタイミングでプリトヴィツェ園内に入るのがおすすめ。

プリトヴィツェの混雑ピーク時間はお昼をすぎた辺りから。早めに散策を開始することで、少しでも混雑を回避することができます。

【豆知識2】夏でも少しひんやり、防寒対策をすることでより快適に

プリトヴィツェ湖群国立公園は高度が高い位置にあるので、ザグレブやザダルと比べると2~3度気温が低くなっています。

太陽が出ていても、木陰に入ると思った以上にひんやりしているということも。夏でもウィンドブレーカーなどを持参して体温調節できるようにしておくと安心。

【豆知識3】歩道は平坦だけど、歩きやすい靴やスニーカーが絶対おすすめ

プリトヴィツェ湖群国立公園

歩道は比較的どこもきれいに整備されている

プリトヴィツェの散策コースはどこもとてもきれいに整備されていて、年配の方や小さな子どもでも負担なく歩くことができる快適な道。

とはいえ3~4時間は歩き続けるので、なるべく足に負担のかからない歩きやすい靴で出かけることは必須事項です。

【豆知識4】休憩スペースたっぷり。ご飯を持ってピクニック気分も

プリトヴィツェ湖群国立公園

お昼時は特に賑わうオープンスペース

プリトヴィツェ湖群国立公園内には座ってくつろげるピクニックゾーンが所々に点在しています。

ピクニックゾーン周辺には売店やカフェコーナー、軽食が食べられるレストランもありますが、多くの来園者は持参したサンドイッチやフルーツなどを広げてピクニック気分でランチ休憩を行っています。

スナックや軽食をリュックに詰めて出かけて、大自然の中でのピクニック気分も楽しむのももちろんおすすめ!

プリトヴィツェ湖群国立公園への行き方(サグレブから)

ザグレブイェラチェッチ広場

首都ザグレブ名物のイェラチェッチ像

ザグレブ~プリトヴィツェ間を公共の交通機関を利用して移動する方法はバスのみ。バスはザグレブのメインバスターミナルから出発します。

ザグレブ~プリトヴィツェ間を運行しているバス会社はいくつかありますが、私が利用したのはAutopromet社というところ。

オンラインでチケットが購入出来るのは他のバス会社とも一緒ですが、チケットを印刷する必要がないので楽チン(チケット購入画面をスマホに出して見せればOK)。

ザグレブからの移動時間は約2時間半弱

当日の道路の混雑状況にもよりますが、私の場合は7月のハイシーズン、早朝7時発のバスに乗り、約2時間半弱でプリトヴィツェに到着。渋滞に巻き込まれることもなかったので、移動時間は約2時間半弱という認識で大丈夫だと思います。

行きはエントランス1で降り、帰りはエントランス2でバスに乗る

プリトヴィツェ湖群国立公園にはバス停が2つあり、ザグレブから向かった場合は先にエントランス1に到着。

帰りはエントランス2からバスに乗った方が席が空いているので、行きはエントランス1で降りて散策しながらエントランス2に向かい、そのままエントランス2のバス停でバスに乗るとスムーズ。

往復バスの料金

プリトヴィツェ湖群国立公園を日帰りコースで観光した際、私が支払ったザグレブ〜プリトヴィツェ間のバスの往復料金は145kn(約2,250円)。利用した便は行きが朝7時ザグレブ発、帰りが16時代にプリトヴィツェ発のバス。

バスの料金は利用する時期や時間帯によって変動。私の場合は夏のハイシーズンだったので、他の時期に比べると少し高めだったかもしれません。

※ちなみにこの145knには、オンラインでチケットを購入する際の手数料も含まれています。

プリトヴィツェ湖群国立公園への入園料

プリトヴィツェ湖群国立公園への入園料もシーズンによって異なります。

【時期別の入園料】

  • 1月1日〜3月31日:55kn(約990円)
  • 4月1日~6月30日、9月1日~10月31日:110kn(約1,980円)
  • 7月1日~8月31日:180kn(約3,240円)

※上記はすべて18歳以上の大人料金
※15人以上の団体は団体割引有り
※学生証の提示で学生割引有り
※7歳未満は無料
※料金は2017年7月現在のもの

クロアチアの大人気観光地プリトヴィツェ湖群国立公園

プリトヴィツェ湖群国立公園

天女が舞い降りてきてもおかしくないレベル

クロアチアに訪れたらぜひ立ち寄りたいスポット、かつ世界遺産でもあるのがプリトヴィツェ湖群国立公園。

その人気の理由は誰もが納得の、息を飲むほどの自然の美しさ。そして自然が持つ偉大なパワーに癒されながら、心もからだもリフレッシュできるありがたいお場所。

さらには、四季によって魅せる表情も異なるプリトヴイツェ湖群国立公園。個人的には夏の太陽でキラキラ輝く湖と滝がやっぱり魅力的に思えるけれど、季節ごとに違った楽しみができることもそれはそれで魅力的!

クロアチア周遊時には、絶対に観光コースの1つに入れて欲しい、心の底からおすすめのスポットです。

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪


\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*