Croatia

コルチュラ島旧市街・観光スポットまとめ8プラスアルファ

高台から見えるコルチュラ旧市街

クロアチアの主要観光都市スプリットからフェリーで約3時間15分、ドブロブニクからは約2時間の場所に位置するコルチュラ島。

『東方見聞録』を世界に広めたマルコ・ポーロの出身地として有名な他に、オリーブオイルやワイン(特に白ワイン)の生産も盛んな島。また小さな旧市街地ながら歴史的建造物も多く、見どころ満載!

今回は、そんなコルチュラ島の主要観光スポットと+αな見どころについて紹介します。

島のメインスポットはコルチュラ旧市街

コルチュラ旧市街

コルチュラ旧市街の中心、聖マルコ広場

コルチュラ旧市街は、コルチュラ島の東岸を防御するために建てられた城壁都市。全長200メートルにも満たず、ゆっくり歩いても1周20分もかからないほどコンパクトな旧市街。

それでも、あちこち見て回ると1日〜2日はあっという間! 旧市街全体がゆったりとした雰囲気に包まれているので、観光する側もじっくりと、歴史のロマンを感じながら過ごすことができる魅力的な街です。

ということで、そんな旧市街の定番観光スポットがこちら。

1:旧市街地入り口の門(南門・陸の門)

コルチュラ旧市街城壁の門

コルチュラ旧市街入り口の門(南門)

コルチュラ旧市街城壁の門

門の裏側はこんな感じ

まずは何と言っても旧市街地入り口の門。こちらはじっくり観光するスポットというよりかは、コルチュラ島定番の写真スポットという感じ。多くの観光客が階段に立ってはいポーズ!と撮影している。

この門が建てられたのは13世紀で、下に続く階段はその約600年後の19世紀になって後付けされたもの。そのデザインの様式も異なるので、じっくり見比べてみるのも楽しい:)

ちなみに階段の下の大きく開けているスペースがトミスラフ広場。

2:聖マルコ大聖堂

コルチュラ島聖マルコ大聖堂外観

旧市街の中心にある聖マルコ大聖堂

旧市街地の中心地である聖マルコ広場にあり、聖マルコ大聖堂の鐘楼とセットでコルチュラ島のシンボルとなっているのが聖マルコ大聖堂。ロマネスクゴシックスタイルで、どちらかというとロマネスクよりのシンプルな設計。

教会の中の装飾にも目立った派手さはないけど、教会の中は写真撮影禁止で行った人にしか見ることができない建物。せっかくなので、入ってみるのがおすすめ。

■入場料:10kn(約180円)

注目すべきは、入り口のアダムとイブの彫刻!

コルチュラ聖マルコ大聖堂

アダム様

コルチュラ聖マルコ大聖堂のイブ

イブ様

この聖マルコ大聖堂で有名なのは入り口の装飾にあるアダムとイブの彫刻。注目すべきは、お股おっぴろげーなそのポージング。なんでこんなポーズなんだろう……。でもこんな姿勢なのは珍しいらしく、コルチュラ旧市街のちょっとした観光スポットになっている。

訪れた際には記念に写真撮影を^^

3:聖マルコ大聖堂の鐘楼

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

旧市街の中で一番高い鐘楼

コルチュラ旧市街のランドマークともいえる聖マルコ大聖堂の鐘楼。聖マルコ大聖堂のすぐ隣に入り口がある。階段はかなり狭く、鐘楼の頂上もかなり小ぢんまり。

それでも、旧市街を360度見渡せる景色は一見の価値あり!

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

海沿いに並ぶ家の景色はクロアチアでよく見かける

特に晴れた日には、アドリア海の表面が太陽の光を反射してキラキラ光ってとってもきれいな景色が眼下に広がる。突き抜ける青空とのコントラストもぜひ楽しんで。

■入場料:25kn(約450円)

>>>聖マルコ大聖堂鐘楼の詳細もCheck♪「コルチュラ旧市街のランドマーク、聖マルコ大聖堂の鐘楼に登ろう!

4:マルコ・ポーロ博物館

マルコ・ポーロ博物館の入り口

入り口でマルコ・ポーロがお出迎え

今回の滞在で何気に一番面白く、興味深かったのがこのマルコ・ポーロ博物館。博物館といったら色んなものが展示されているようなイメージだけど、ここはちょっと別物。

マルコ・ポーロが旅を始めてから生涯を終えるまでの様々なストーリーのうち、重要な転換期となった6つのシーンが人形を用いて再現されて、その当時のマルコ・ポーロに起こった出来事、体験したことなどを解説したオーディオガイドを聞きながら館内を回っていく。

期待していた異常に素敵に構成されていたマルコ・ポーロ博物館

そしてそのオーディオ解説が臨場感たっぷり! マルコ・ポーロが体験した当時のシーンを再現した展示物も意外と凝っていて、彼の人生を疑似体験しているような冒険気分に浸れる。

残念ながら日本語のオーディオガイドはなかったのですが、英語やイタリア語、スペイン語やフランス語などヨーロッパ各国の主要言語から選択が可能。館内撮影禁止なので、中の様子を紹介することができずに残念!

ここは本当に楽しかった:)

■入場料:60kn(約1,070円)

5:マルコ・ポーロの生家

コルチュラ旧市街マルコ・ポーロ生家の入り口

マルコ・ポーロ生家の入り口

あんなにマルコ・ポーロの博物館を楽しんだにも関わらず、なぜか、本当になぜか、全く惹かれずに私が立ち寄ることはなかったマルコ・ポーロの生家。でも多分、こここそがコルチュラ旧市街・コルチュラ島のメインの観光スポットの1つ。

マルコ・ポーロが生まれ育ったと言われている家で、家の中にはマルコ・ポーロに関する展示品が展示されているそう。

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

上から見たマルコ・ポーロの生家。中央の一つだけちょこっと抜きん出ているのがそれ

私がなぜかこの家に興味を持てなかったのは、マルコ・ポーロがイタリアのヴェニス出身で彼はヴェニスで育ったという説もあることが大きな理由。

マルコ・ポーロの出身地とされているのはコルチュラとヴェニスの2つある

コルチュラ島マルコ・ポーロショップ

晩年のマルコ・ポーロ

コルチュラ島はかつてヴェネツィア共和国の支配下にあり、マルコ・ポーロがいた時代はヴェネツィア共和国として存在していたことから、彼はヴェニス出身と言われている。

でも結局、彼がコルチュラで生まれたのかヴェニスで生まれたのかは現在でも不明。

ちなみにイタリアにもマルコ・ポーロの生家と呼ばれている場所があるので、「この家は作り物なのかも…」と思うと、ちょっと楽しめなさそうな自分が……。ということで今回は、外観だけ見て想像の範囲で楽しむことにしました。

でももちろん、そんな私の勝手な解釈なんてどうでもいいので、マルコ・ポーロに興味のある人はぜひお立ち寄りを。きっと楽しめるはず!

■入場料:20kn(約360円)

6:マルコ・ポーロのお土産ショップ

マルコ・ポーロショップのディスプレイ

旧市街にいくつかあるマルコ・ポーロショップのうちの一つ

コルチュラ旧市街の中にいくつかあるマルコ・ポーロのお土産ショップ。これもお店に入って見学するだけでも面白い!

マルコ・ポーロショップの店内

望遠鏡などの航海グッズがずらり

マルコ・ポーロショップの店内

色んなデザインのコンパス

マルコ・ポーロショップの店内

マルコ・ポーロが使用した?と思われる地図

マルコ・ポーロが旅に用いたとされるグッズが販売されていて、それらのアイテムを見るだけでロマンを感じてドキドキしてしまう。

航海グッズの他に、塩やオイルなどの調味料もあり。お店に入ってこれらのアイテムを見てみるだけでも発見が多くて楽しめる。自分用のお土産購入にもおすすめ。

7:コルチュラの伝統舞踊「モレシュカ」

コルチュラの武闘舞踊モレシュカ

コルチュラの伝統舞踊モレシュカ

スペインを起源として地中海の国に広まった武闘ダンス「モレシュカ」。現在このモレシュカの伝統が引き継がれているのはクロアチアのコルチュラ島だけとのこと。

コルチュラ島モレシュカ

剣を激しくぶつけ合う男たち

サマーシーズンは毎週月曜日と火曜日にモレシュカのステージが開催されているので(※2017年現在)、タイミングが合えばぜひ鑑賞してみて!

コルチュラ島モレシュカ

美少女ブーラとブーラを拉致した黒い王モロ

モレシュカは、一人の美しい女性ブーラをめぐって白い王と黒い王それぞれが率いる兵士たちが剣をふりかざしながら闘う物語。ガチャンガチャンと剣をぶつけ合う姿は、一見の価値あり。

>>>モレシュカの詳細、チケット料金などもCheck♪「コルチュラ島観光で必見!伝統芸能「モレシュカ」

8:旧市街地を一望できるスーパーの屋上

高台から見えるコルチュラ旧市街

高台から見えるコルチュラ旧市街

写真のようにコルチュラ旧市街地を一望できる高台が、旧市街から南へ向かって10分ほど歩いた場所にあるスーパーマーケット(!)の屋上駐車場。

コルチュラのローカルスーパーマーケット

ローカルスーパーマーケット

コルチュラ旧市街を見渡せるスーパーの屋上

スーパー屋上の駐車場。ここからコルチュラ旧市街を見渡せる

このスーパーマーケット、利用客はほぼ地元の人たち。そう、ド・ローカルな場所。でもこの屋上から見える旧市街の眺めがとにかく最高!

コルチュラの街並み

スーパーに続く階段

少し丘の上にあるので階段を登る必要があるけれど、そんなにきつい階段でもないので、散策ついでにぜひ足を伸ばしてみてください。

そして心弾む景色を堪能した後は、ローカルスーパーを物色するのもお楽しみ。品数も豊富なので、いろいろ見て楽しめます。

その他:コルチュラ島旧市街地の魅力

コルチュラ旧市街

ジャスミンらしき木の側を歩くと、トロピカルな花の香りがする

さて、これまでに紹介した「スポット」以外に、コルチュラ旧市街の特筆すべき+あαの魅力といえばこの3つ!

+α1:街中にいっぱいある細い路地の探検

コルチュラ旧市街

洗濯物があちこちに干されている

コルチュラ旧市街

緑がたくさんある路地も

コルチュラ旧市街

レストランがある道もたくさんある

コルチュラ旧市街は入り口の南門から南北に走るメイン通りを軸に、多くの細い道が道の両側伸びている。

この細い路地がまた表情様々。ある路地には草花がいっぱいあったり、ある路地では洋服やアクセサリーのセレクトショップを見つけたり。

散策する時刻を変えれば、また新しい発見をすることができる

コルチュラ旧市街

朝日に照らされたコルチュラ旧市街

コルチュラ島旧市街夜の聖マルコ大聖堂

ライトアップされた聖マルコ大聖堂

昼間は青空、青い海、ハチミツ色の石壁が印象的な路地も、夕暮れ時になってライトが灯り始めるとまたぐっと印象が変わる。

また早朝は歩く人影もほとんどなく、街を独り占め状態で散策することもできます。

時間ごとに表情を変える路地裏との出会いも、またお楽しみ。

>>>コルチュラ旧市街の朝のシーンをまとめた記事もCheck♪「コルチュラ旧市街・光が降り注ぐ美しい朝の風景

+α2:アドリア海から登る朝日、沈む夕日

コルチュラ島旧市街から見える朝日

朝6時頃に、旧市街の東側の海から顔を見せた朝日

そして朝日、夕日好きの私にとって最高の魅力といえばこれ。そう、コルチュラ旧市街では、朝日、夕日両方をばっちり拝むことができる!

コルチュラ旧市街の夕日

旧市街の西側に行けば素敵な夕日も拝める

朝、旧市街東側の海外に足を運んで太陽におはようを告げ、夕方には西側の海岸に足を運んで「また明日ね」をすることができる。

コルチュラ旧市街

トワイライトタイムに行われていたライブ

朝日に照らされた町も、夕焼け色に染まった旧市街も、また素敵。コルチュラ旧市街に宿泊するなら、ぜひこの朝日&夕焼けセットを堪能してほしい!

+α3:ワイン好きならお気に入りのコルチュラ白ワインを探すのもあり

コルチュラ旧市街ワインショップ

旧市街にはコルチュラワインを取り扱うショップも

コルチュラ島はワインの生産が盛んな島。特に白ワインが有名。ボトル1本あたりの価格も30kn〜(約530円)程度からとお手頃なので、ワイン好きならお気に入りのワインを探すのもお楽しみ。

ワインを販売しているお店によってはテイスティングもできるので、いくつか味を比べた後に購入することも可能。

白ワインの味は軽くて結構さっぱりめ

私がテイスティングしてみて感じたのは、コルチュラの白ワインは全体的にすっきり軽く、さっぱりしたテイスト。お酒がちょっと苦手な人でも意外といけるかも? ぜひ試してみてください^^

【最後に】階段いっぱい、コルチュラ旧市街!

コルチュラ旧市街

1つの通り以外、全ての路地に階段がある

コルチュラ旧市街は、1つの道をのぞいて全ての細道に階段がある。重いスーツケースを持っての移動はちょっと大変なので、どうしてもスーツケースを持ち運ぶという場合には心構えを。私もスーツケースで階段上り下り、頑張りました。

コルチュラ旧市街観光、ぜひ楽しんでください

コルチュラ旧市街

コルチュラ旧市街西側の景色

コルチュラ旧市街、街歩きには丸1日あれば十分ですが、モレシュカを鑑賞するなら宿泊必須。加えてコルチュラ島ではビーチアクティビティも楽しめるので、興味関心に合わせて、コルチュラ島の滞在をぜひ楽しんでくださいね。

【関連記事】
コルチュラ旧市街のランドマーク、聖マルコ大聖堂の鐘楼に登ろう!
コルチュラ島観光で必見!伝統芸能「モレシュカ」
コルチュラ旧市街・光が降り注ぐ美しい朝の風


Information:コルチュラ島への移動の仕方

ドブロブニクからコルチュラ島へ移動するフェリー

ドブロブニクからコルチュラ島へ移動するフェリー/JADROLINIJA(ヤドロニーヤ)

コルチュラ島へ移動するメジャーな手段は、スプリットかドブロブニクから出るフェリーを利用。主な船舶会社は以下の2つ。

【コルチュラ島へ移動する船を出している船舶会社】
JADROLINIJA(ヤドロニーヤ)
KRILO(キロ)

【所要時間】
・スプリット→コルチュラ島 約3時間15分
・ドブロブニク→コルチュラ島 約2時間
※フェリーの種類や途中で停泊する島の数によって移動時間は異なります。
※出発する時刻によって料金の変動がある場合あり。詳しくはHPで確認を。

この2つの中でも、JARDOLINIJA(ヤドロニーヤ)が便数も多く、多くの観光客の島々を巡る足となっている。

一方のKRILO(キロ)はスピードボート。便数は少なく、価格もJARDOLINIJA(ヤドロニーヤ)と比較すると少し高いけど、JARDOLINIJA(ヤドロニーヤ)より移動時間が短く、早く目的地に着くことができる。

どちらもオンラインでチケットを購入することもできるけれど、移動する前日までにチケットカウンターに行けばほぼチケットを確保できる。

ハイシーズンの夏はチケットがなくなることもあるらしいけど、私がチケットを購入したカウンターのお姉さんによると、前日までのチケット購入でもほぼ問題ないとのこと。

それでもどうしても不安!という場合や事前にすべて計画を立てて安心しておきたいという場合にはオンラインでの購入がおすすめです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*