Croatia

コルチュラ旧市街のランドマーク、聖マルコ大聖堂の鐘楼に登ろう!

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

コルチュラ島旧市街の中心「聖マルコ広場」にあり、コルチュラ島のランドマーク的存在、聖マルコ大聖堂の鐘楼。15世紀に建てられたこの聖マルコ大聖堂の鐘楼からは旧市街全体を360度見渡すことができて、これが想像以上に絶景。

今回は、そんな聖マルコ大聖堂の鐘楼の、コンパクトながらお楽しみ要素満載な中の様子、鐘楼からの景色について紹介します。

入場料の支払いを済ませたら、早速難関!細すぎる螺旋階段

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

入り口の門をくぐると銅像がお出迎え

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

上から見た入り口付近の螺旋階段(長さは3m)

入り口で入場料15kn(約270円)の支払いを済ませたら、早速上りをスタート。でも開始早々いきなり難関。階段の幅は人一人分しかない上に、螺旋状になっていて先が見えないので、下りてくる人がいないかどうか必ず要チェック!

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

信号が青になっていることを確認してから出発!

でも大丈夫。なんとこの階段には信号機が設置されています(!)。勢いよく上り始めたい気持ちをぐっと抑えて、信号機が青になっているかをまずは確認。

なんだけど、この信号機……赤から青に変わっても、まだ上から人が下りてくるじゃんー!ってことも。ということで、信号機は半分信じて、後は訪問者同士で譲り合いながら足を進めるのが一番。

初っぱなから急勾配!足元もすべりやすいので注意

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

人一人分のスペースに、ちょっと頼りない手すり(この画像は頂上付近)

そしてこの階段、狭い上に結構な急勾配。加えて石でできていてツルツルなので、油断するとツルッといってしまうリスクも。一歩一歩しっかり階段を踏みしめながら進んでください。

中層階の階段も狭く、ちょっとしたアトラクション気分

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

階段を上っている途中でてっぺんを見上げるとこんな感じ

そして無事に難関の螺旋階段を通過した後も、まだまだクリアすべき「お楽しみ」要素が満載。まずは中層階の階段。こちらも入り口の階段に負けず劣らず狭く、幅は人一人分のスペース。

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

中間地点頃で、塔の隙間から見える景色

手すりの空間もたっぷりで、守られているけれど100%は守られていないようなハラハラ感。ちょっとしたアトラクションを体験している気分に。そしてここも石階段なので、しっかり一つ一つの階段を踏みしめて!

鐘楼スペースの網鉄の上に立った瞬間、フワッとした独特な浮遊感

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

最後は小さなはしごを登って上り終了

無事に階段を上りきると、鐘楼地点に到着。鐘楼の眺望スペースに出るためには網鉄で作られたフロアに一度降りる必要があるのだけど、この網鉄、下が見えるので「フワッ!うわっ!」という独特な感覚を感じる。

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

下が見える仕様……うううってなる

東京タワーやスカイツリーの眺望スペースにもあるグラスフロアと同じような感じ。絶対に大丈夫って分かっているんだけど、異常にドキドキするあの感覚。

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

毎時ぴったりに(夜中でも)カランコローンと鳴る鐘楼が目の前に

私はこの浮遊感、ちょっと苦手。内臓がぐっと持ち上げられる気分になるので、早々に最後のはしごを登って眺望テラスへ。

鐘楼テラスからの景色は絶景! コルチュラ旧市街を360度見渡せる

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

旧市街の入り口、南門の方向の景色(中央付近で三角っぽい空洞があるのが旧市街入り口の門)

そして眺望テラスに出ると、ぱーっと眼下に広がるコルチュラの景色! 特に天気がいい日には、海面が太陽の光をキラキラと反射して天然のスパークイルミネーションを堪能できる!

かつて見張り台として使用されていた聖マルコ大聖堂の鐘楼

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

旧市街の中で一番高いのがこの鐘楼

この聖マルコ大聖堂の鐘楼、高さはそんなにない気がするものの、かつては島を攻撃から守るための見張り台として使用されていたのも納得。旧市街周辺を360度見渡すことができて、本当に見晴らしがいい。

眺望テラス部分も相変わらず狭い! 移動はカニさん歩きで

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

正面を向いて歩くことは不可能

360度見渡せる開放的な景色とは相反し、眺望テラス部分も安定の狭さ。眺望テラスに関しては、人一人分の幅も満足に確保されていない。角から角へと移動するには、カニさん歩き必須。

私が上った時には私を含めて5人の観光客がいたのだけど、この人数でも大渋滞状態。これ以上の人がいたらどうなるんだろう……と要らぬ心配をするほど。

聖マルコ大聖堂の鐘楼から見た旧市街・東側の景色

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

中央の一つだけちょこっと抜きん出ているのがマルコ・ポーロの生家、右となりが聖ペトロ教会

ということでようやく、鐘楼テラスからの景色をご紹介。まず旧市街の東側を見下ろすと、眼下にはマルコ・ポーロの生家と聖ペトロ教会が。そして奥の方には美しい蒼色のアドリア海。

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

深い蒼色がアドリア海の特徴

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

東側の港も全体が見える

レンガのオレンジと、空と海の異なるブルーが絶妙にマッチして素敵なコントラストを生み出している。

聖マルコ大聖堂の鐘楼から見た旧市街・西側の景色

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼からの景色

海沿いに並ぶ家の景色はクロアチアでよく見かける

そしてこちらが西側の景色。個人的には西側の景色の方がお気に入り。小さなビーチと、海に面した家々のこの景色が好き。

そして太陽も西側の海を照らす位置にいたので、私がのぼった時(14時頃)には西側の海面がキラキラと光輝いていた。

景色を堪能したら、また慎重に階段を下りて鐘楼ツアー終了!

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

帰り道も慎重に!

さぁ、絶景を堪能した後はまたあの急勾配な階段へ。今度は下りなので、より足元のスリップに注意。そして最後の難関、螺旋階段を無事に下りきったら、聖マルコ大聖堂の鐘楼ツアーは終了^^。

ちなみに入り口付近にある螺旋階段、下りる人優先なので、ここはためらわずサクサク進んでOK。もちろん、足元には十分気をつけてくださいね。

【おまけ】聖マルコ大聖堂の入り口にあるアダムとイブにも注目

コルチュラ聖マルコ大聖堂

聖マルコ大聖堂入り口にいるアダム様

1301年から1806年にかけて建築された聖マルコ大聖堂、入り口に飾られたアダムとイブの彫刻が観光客に人気。その理由は、アダムとイブのユニークなポーズ。

コルチュラ聖マルコ大聖堂のイブ

イブ様

そう、M字開脚。なんでこんなポーズなのかは残念ながら分からなかったのだけど、見ると思わずくすっとしてしまうシュールな彫刻。

聖マルコ大聖堂の鐘楼に立ち寄る際には、ぜひこのアダムとイブの彫刻もチェックしてみてください。

コルチュラ旧市街観光で必見立ち寄りスポット!

コルチュラ聖マルコ大聖堂の鐘楼

正面から見た鐘楼。右隣は聖マルコ大聖堂

コルチュラ旧市街を360度見渡せて、想像以上の絶景を堪能できる聖マルコ大聖堂の鐘楼。コルチュラ旧市街を訪れた際には、必見の立ち寄りスポットです!

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪


Information:聖マルコ大聖堂の鐘楼

住所:Trg Svetog Marka, 20260 Korcula
入場料:15kn(約270円)
営業時間:9:00〜20:00頃(現地で要確認)
※2017年7月時点での情報です

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*