Croatia

ザグレブの主要観光リスト10 :ザグレブ観光はユニーク体験のオンパレード!

クロアチアの北側に位置する、首都ザグレブ。クロアチアの政治や経済の中心地であることはもちろん、観光地としても人気の高いエリア。そしてザグレブ観光の最大の魅力は、その「ユニークな体験」。

クロアチアの北側に位置しているザグレブ

クロアチアの北側に位置しているザグレブ

ということで今回は、そんなクロアチアの首都ザグレブに行ったら抑えておきたい主要観光スポットを紹介します。

【観光前の豆知識】ザグレブといえばイェラチェッチ広場

ザグレブイェラチェッチ広場

ザグレブの中心地・イェラチェッチ広場

ザグレブの観光の起点となるのが、イェラチェッチ広場。大きな長方形の広場になっていて、中央にはクロアチアの国民的英雄「イェラチェッチ」の銅像が。

ザグレブイェラチェッチ広場

イェラチェッチ広場前の路面電車が走る道路「ライカ」

東京の待ち合わせ場所として「ハチ公前」があまりに有名なように、このイェラチェッチ広場もザグレブの定番の待ち合わせ場所に利用される場所で、東京のハチ公前的存在。

観光の拠点にもなる場所なので、ザグレブに来たらまずはイェラチェッチ広場の場所を押さえておくと何かと便利。

ちなみにイェラチェッチってこんな人

ザグレブイェラチェッチ広場

馬にまたがるイェラチェッチ様

ヨーロッパ全体に影響を与えた1848年革命が起こった時にクロアチアで活躍した軍人。当時クロアチアを支配していたハンガリー王国に反乱を起こす計画が立てられた際、このイェラチェッチが反乱軍の指導者に任命された。

イェラチェッチ率いる反乱軍は一時ハンガリー王国の鎮圧に成功するも、二度目の戦いではハンガリー革命軍に敗れている。それでも当時の功績が讃えられ、イェラチェッチはその後クロアチアの「バン(監督)」に任命された。

バン(監督)としてクロアチアを支えた期間、イェラチェッチは国会(サボル)で奴隷制の廃止も実現。1859年、ザグレブで亡くなる。

……という、クロアチアの発展を語るのに欠かせないヒーローが、このイェラチェッチ! ザグレブに訪れた際には、そんな彼の活躍を思い浮かべながら、堂々と馬にまたがるイェラチェッチ像を眺めてみてください。

ということでお待たせしました。ここから、ザグレブの主要観光スポットを紹介します。

ザグレブ観光1:青空マーケット・ドラツ市場できょろきょろする

ザグレブ青空マーケット

晴れた日は特に赤が映える青空マーケット

イェラチェッチ広場のすぐ北側にあるのが、赤いパラソルが眩しいクロアチア名物のドラツ市場という名前の青空マーケット。ザグレブの青空マーケットは他の地域に比べて規模が大きく、ザグレブ観光では欠かせない立ち寄りスポットの1つ。

果物、ドライフルーツ、野菜、チーズ、雑貨、洋服、花に加え、青空マーケットの地下に行けばお肉、パン、スナック、ナッツ類まで! 色んなものがズラリと並んでいて、マーケット内を歩いて見て回るだけでも楽しい。

地元の人も多く利用する場所で、毎日活気で溢れている。

ドラツ市場では、旬のフルーツを丸かじり!

ザグレブ青空マーケット

ドラツ市場の入り口にある女性の銅像。意外にインパクト大

ドラツ市場に並ぶ野菜や果物は、どれも旬なものばかり。なのでここではぜひ旬のフルーツを購入し、ガブリと丸かじりしてほしい!

ドラツ市場でつけられている値段は基本キロ単位なので、桃1つ、ブドウ1房などで購入すれば数十円単位でとびきりのフルーツを味わうことができる。

夏のおすすめは、平たい桃

ヨーロッパではネクタリンという実が黄色い桃もよく見かけるのだけど、私のおすすめは平たい桃。日本で食べる桃と同じ味で、水分たっぷりジューシー。甘みも十分すぎるほど。

水で洗って、りんごのように皮ごとガブリ! 口からこぼれるほどの水分量なので、暑い夏のザグレブで水分補給にもぴったり。マーケットではすぐに食べられる状態の少し柔らかくなっているものを選んで購入を。

ザグレブ観光2:世界一短いケーブルカーを経験する

ザグレブのケーブルカー

道の奥側にちょこんとあるケーブルカー

イェラチェッチ広場の目の前にあるザグレブのショッピングストリート「ライカ」を西方向に向かって歩き、10分ほどしたら目に入ってくるのがザグレブ名物・世界一短いケーブルカー。

走行距離は66メートル、所要時間約30秒

ザグレブのケーブルカー

上り始めのケーブルカー

ザグレブのケーブルカー

上から見た様子。あっという間に終点へ到着

このケーブルカー、実際の交通機関として利用するというよりも、「世界一短いケーブルカーに乗る」という記念乗車をしている観光客が多い感じがする。

ちなみにケーブルカーで上った先にザグレブの観光スポットがまとまっているので、交通機関としても何気に便利です。

■乗車料金:片道4kn(約72円)
■運行時間:6:30~21:50
※ケーブルカーは10分置きに運行。

ザグレブ観光3:聖マルコ教会のタイル屋根を見て「かわいー!」と言う

ザグレブ聖マルコ教会

ザグレブ観光定番の聖マルコ教会

世界一短いケーブルカーの「上り」を利用した後にすぐ見えてくるのが、ザグレブのシンボルとも言える聖マルコ教会。

タイルで彩られた屋根が有名で、ただその可愛いらしいデザインを見るためだけに多くの人が訪れる。

屋根に描かれているのはクロアチアとダルマチア地方の国旗

聖マルコ教会のタイルの屋根

聖マルコ教会のタイルの屋根

その可愛らしさからザグレブのメイン写真撮影スポットの一つともなっている聖マルコ教会。屋根に描かれているのは向かって右がザグレブの紋章、左がクロアチア・スラヴォニア・ダルマチア王国の紋章となっている。

【プラスα1】聖マルコ教会のうんちく

ザグレブ聖マルコ教会

屋根の下にある入口上の装飾

聖マルコ教会は、13世紀にローマ風のロマネスク様式で建てられたカトリック教会。その後14世紀には礼拝堂とアーチがゴシック様式で建設。

19世紀末になるとネオ・ゴシック式に改築され、その時に現在のタイルの屋根がデザインされたという、意外とさまざまな進化を遂げてきた聖マルコ教会。

【プラスα2】教会の正面、実は左側の壁

ザグレブ聖マルコ教会

向かって左側の壁にこっそりある正面入り口

この聖マルコ教会の正面入り口、実は向かって左側に位置している。そしてこれがものすごく控えめで、意識しないと素通りしてしまうほど。

よく目にするあのタイルの屋根の写真は、実は教会の横サイドだったのか……と思うとちょっとだけ驚き。

そしてこの聖マルコ教会、夏の観光ハイシーズン中は、目の前の聖マルコ広場で定期的に演奏会が開催されているそう。私が訪れたときには見ることができず、残念。運が良ければ、可愛い教会を背景に演奏会を見学することができるかも!

さらには、このタイルは想像以上にぴっかぴか! その煌めきを体感できるのは訪れた人ならではの特権。ぜひ、タイルの輝きをその目に納めてくださいね。

ザグレブ観光4:石の門でザグレブの歴史に思いを馳せる

ザグレブ石の門

石の門を外から見た様子

聖マルコ教会から歩いて3分ほどの距離にあるのが石の門。ここは小さいながらも礼拝堂があり、現在も多くのザグレブ市民が日々の祈りを捧げに訪れる神聖な場所。

石の門に祀られているのは奇跡の聖母マリア像

ザグレブ石の門

閉じた門の横に祀られているのが聖母マリア像

石の門の中にある礼拝堂に祀られているのは、ザグレブの守護神である聖母マリア像。この像は1731年に起こったザグレブ大火で無傷のまま見つかったとされる奇跡の像だそう。

中世の時代には、多くの市民が安全を祈願した石の門

ザグレブ石の門

石の門の中にある祈りを捧げるスペース

そしてこの石の門の存在が確認されているのは、中世の時代から(現在の門は18世紀に造られたもの)。中世時代のザグレブは石の壁で囲まれており、市民たちはその高い壁に守られながら生活を送っていたそう。

それでも生活のための農作業などを行う際には、壁の外にある農地に出ていかなければならず、その度にこの石の門で「今日も1日無事でいられますように」と願いを捧げて出かけ、無事に戻ってきた際には「今日も守ってくださりありがとうございました」と感謝の祈りを捧げていたそう。

ザグレブ石の門

石の門へ寄付を行った人たちの名前が刻まれたブロックも飾られている

当時の壁の外は山賊がいるような危険な場所で、この石の門を超えて出かけることはまさに命がけ。そんな命がけで出かける市民たちの心の拠り所にもなっていたのがこの石の門なのだとか。

ザグレブ石の門

石の門のもう一つの出入り口。

壁で囲まれていた当時の街の入り口は全部で4つあったそうなのだけど、唯一現存しているのがこの石の門。地元の人からはとても神聖な場所として利用されているので、その思いを尊敬しながら静かに観光を。

ちなみに写真の門右側に置かれている像は、18世紀に書かれた小説のヒロインで「ドラ」という名前の女性。この石の門の隣に父親と一緒に住んでいたという設定だったそうです:)

ザグレブ観光5:錯覚美術館でイリュージョンを体験

ザグレブ錯覚美術館

円がぐるぐる回ってるように見えるでしょ?:)

ザグレブはなぜか、ユニークなテーマの美術館や博物館がいっぱい。そんな中でも特に有名なものの1つが錯覚美術館。日本でもよくトリック・アート展が開催されていると思うけど、イメージはそのまんま。

ザグレブでまさかのトリック・アート写真を楽しむ

ザグレブ錯覚美術館

自分の顔だらけワールド

錯覚美術館の館内には「錯覚(イリュージョン)」をテーマにしたアート作品が展示されていて、作品によっては写真を撮影して楽しめるものも。

ザグレブ錯覚美術館

あれ、小さくなっちゃった。私と友人はっちゃんによる共同トリック。私の草履コーデは悪しからず……

まさかザグレブでトリック写真を撮るなんて…と思うかもしれないけれど、とりあえず童心に戻ってそのトリッキーな世界を楽しむべし!

■営業時間:
9:00~22:00(月曜~日曜)
9:00~18:00(大晦日)
13:00~22:00(元旦)

■休館日:
12月25日、イースター

■入場料金:
大人40kn(約720円)
5歳~15歳の小人25kn(約450円)

ザグレブ観光6:失恋博物館で愛の複雑さを噛み締める

ザグレブ失恋博物館

敗れたハートをイメージしたかのようなデザインの看板

ザグレブにある美術館や博物館の中で最も有名かもしれないのが、この失恋博物館。

恋人同士や家族などの「終わった愛・失った愛」の遺品が展示されているという何ともユニークな博物館で、それぞれの展示物は愛が終わるまでのストーリーや持ち主の思い出付きで紹介されている。

世界中から集められた、様々なカタチの「終わった愛」

ザグレブ失恋博物館

ダメな男といるよりも、一人の方がよっぽどいいと書かれたタイル

展示物の中には「当時好きだった人が食べていたオリーブから出たオリーブの種」という何だこれと思うものから、「内戦から逃げていた途中で一目惚れした女の子に宛てて書いたけど渡せなかったラブレター」という切ないもので実に様々。

ザグレブ失恋博物館

先のタイルにまつわるエピソード

日本語ガイドブックもあるので、1つ1つの展示物の背景にある終わった愛の物語をじっくり堪能することができること間違い無し。

人の不幸は蜜の味?大人気で入場制限がかかることも

ザグレブ失恋博物館

40歳の男性から寄付されたおもちゃのベダルカー

それにしてもこの失恋博物館、館内は観覧客でいっぱい。みんな、人の終わった愛の話に興味深々(もちろん私もなんだけど)。

あまりに人気すぎで、観覧客が多すぎる場合には入場制限がかかることも。実際に私が訪れた際にも、チケットを購入してから1時間後の入場と言われました。

失恋博物館を訪れる際には時間に余裕を持っていくのがおすすめです。

【プラスα】終わった愛の品は誰でも寄付できる

この失恋博物館に展示されている品々は、全て一般人からの寄付によるもの。その多くが、持ち続けることには耐えられず、かといって捨てることもできない……というものだった。

もしもあなたがそんなアイテムを持っていれば、失恋博物館に寄付することでモヤモヤした気持ちを消化するというのも、一つの手かも?:)

■営業時間:
9:00~22:30(6月1日~9月30日)
9:00~21:00(10月1日~5月31日)

■休館日:
11月1日、12月25日、1月1日、イースター

■入場料:
大人30kn(約540円)

ザグレブ観光7:拷問博物館で人間の恐ろしさに触れる

ザグレブ拷問美術館

受付につながる通路に描かれていた拷問の絵

ザグレブにあるもう一つのユニークな美術館がこの拷問博物館。ここでは、様々な拷問方法が拷問に使用するアイテムと共に展示されている。

ザグレブ拷問博物館

鋲がびっしりと敷き詰められた拷問イス

よくもこんなにも恐ろしい方法を考え付くな……と思うほど、この拷問博物館の拷問展示には驚かされる。と同時に、あまりの卑劣さに胸が苦しくなることも。

ザグレブ拷問美術館

拷問博物館は少し分かりづらい場所にあるので注意深く看板を探して

日本ではなかなか見る機会のないものだらけなので、ちょっと変わった体験がしたい、怖いもの見たさがある……という場合には、経験の一つとして立ち寄ってみてください。

ザグレブ観光8:トカルチチェヴァ通りのカフェでザグレブ市民気分

観光客で賑わうトカルチチェヴァ通り

観光客で賑わうトカルチチェヴァ通り

さて気を取り直して! 拷問美術館の近くにあるのが、カフェやお土産屋さんなどがズラリと並ぶトカルチチェヴァ通り。ここはお茶をしたり、ご飯を食べたりするのにぴったりな場所。

観光客で賑わうトカルチチェヴァ通り

カフェでは道に面してカップル座りが基本

カフェタイムが大好きなザグレブ市民の気持ちになって、歩き回って少し疲れた足を休めるのにおすすめ。

通り全体が多くの人で賑わっているので、歩いているだけでも楽しい。

ザグレブ観光9:クロアチアで最も高い建物・聖マリア被昇天大聖堂

夕日に照らされた聖マリア被昇天大聖堂

夕日に照らされた聖マリア被昇天大聖堂

ザグレブ観光中の至るところから見えるカトリック教会の聖マリア被昇天大聖堂は、クロアチアの中でも最も有名な建物の一つ。

左右にある2つの塔は105メートルで、その高さはクロアチア一! 建設が始まったのは1094年で、その後破壊されたり火災に遭ったりしながら、現在の形に修復されている。

イェラチェッチ広場と青空マーケットのすぐ横にあるので、その堂々とした佇まいを拝みに足を運んでみてください:)

ザグレブ観光10:ザグレブで必食のB級グルメ「チェバピ」

クロアチアのB級グルメチェバピ

クロアチアのB級グルメチェバピ

最後に紹介するのは、クロアチアのB級グルメ「チェバピ」。クロアチアに限らず、お隣の国のボスニア・ヘルツェゴヴィナやセルビアなど、旧ユーゴスラビア地域で親しまれているのがこのチェバピ。

ソーセージのようなお肉をパンに挟んで食べる、というシンプルながらも、お肉そのものがジューシーで味が濃くて美味しい!

ボリュームも満点なので、これ一つだけでお腹もいっぱいに。価格も20kn(約360円)前後で、食事1回分としては経済的。ザグレブの庶民の味を知るにはまずはチェバピから!

【おまけ】フォトスポットがいっぱいのザグレブ観光

ザグレブの絶景スポット

聖マルコ広場から少し歩いたところにあるプチ絶景スポット

今回紹介したスポットを歩き回っている間に、ストリートアートや意外な絶景スポットの発見も楽しめたザグレブ観光。

サグレブストリートアート

ダンディなクロアチアのおじさんがいたり

ザグレブ・ガーデン

この日ウエディング撮影も行われいたきれいなガーデンがあったり

サグレブストリートアート

立体のおじさんがいたり

サグレブストリートアート

おじさんとザグレブデート気分を味わったり

ストリートアートがあるのは他の国とさほど変わらないけれど、歩きながら偶然見つける素敵な出会いも、一緒に楽しんでください:)

面白体験が詰まったザグレブ観光

ザグレブの街を観光する時間が1日しかない、という場合には、今回紹介したスポットを回ると一通りザグレブの見所は抑えることができる(はず!)。

ザグレブの観光は、とにかくユニーク。面白体験をしたいなら、ぜひザグレブへ!

追伸:今回紹介したスポット以外にも、ザグレブの街には素敵な公園や緑がいっぱいあります。ヘンテコ体験だけでなく、自然も十分に楽しめるザグレブです:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*