クロアチア青の洞窟

クロアチアの宝石「青の洞窟」観光!行き方・料金紹介まで

「青の洞窟」で世界的に有名なものといえば、イタリア・カプリ島にある青の洞窟を思い浮かべる人も多いかと思いますが、クロアチア・ビシェボ島という小さな島にも、世界中の観光客が集まる青の洞窟があります。

ということで今回は、そんなクロアチアにある青の洞窟の魅力・行き方・料金についてを紹介します:)

クロアチア・青の洞窟ってどんな所?

青の洞窟があるビシェボ島の海

青の洞窟があるビシェボ島の海。とってもきれい!

青の洞窟があるのはアドリア海に浮かぶ「ビシェボ島(Bisevo)」というとても小さな島の入り江。

青の洞窟が発見された当初、洞窟へつながる入り口は海底にしかなかったそうで、青の洞窟へ入るにはダイビングが唯一の手段だったとのこと。

それじゃあ多くの人に見てもらうことができずにもったいない!ということで、1884年、ボートでギリギリ入れる程度の入り口が人工的に作られたそうです。

ということでその他もろもろの説明はあとにして、早速クロアチア・青の洞窟の中の様子からご紹介!

クロアチアの絶景! アドリア海にある青の洞窟

クロアチア・青の洞窟の入り口(洞窟内から見たバージョン)

クロアチアの青の洞窟の入り口(洞窟内から見たバージョン)

クロアチアの青の洞窟の入り口は、12人乗りのボート1台がギリギリ通過できる程度の大きさ。高さは約1.5メートル、横幅は約 2.5メートル。

入り口をくぐる際には、ボートの乗員全員が頭を下げる必要あり

クロアチア青の洞窟への入場の瞬間

さぁ、洞窟に入るよー!

いよいよ洞窟へ入る瞬間が訪れると、ボートを運転しているお兄さんの「ヘッドダーウン!」の声が響き渡るのでその通りに。

写真なんて撮ってる場合じゃねーよ!と怒られるかもと思ってビクビクしてうまく撮れなかったけど、全員が一斉に頭かがめて、写真のような感じに。

頭を上げた次の瞬間、幻想的な暗闇が広がる

クロアチア青の洞窟

青の洞窟、入り口付近の様子

入り口をくぐるために頭を一瞬下げた後にぱっと頭を上げると、いきなり幻想的な世界に包まれていることに気づく。

この瞬間、テンション一気に急上昇! 洞窟の中はシーンと静まり返っていて「これぞ聖域です」的なオーラがヒシヒシ。

クロアチア青の洞窟内をゆっくり進んでいくボート

洞窟内をゆっくり進んでいくボート

そしてここからはボートのエンジンもストップ。お兄さんは手漕ぎ運転にシフトして、ゆっくりと洞窟内見学が始まる。

関連記事一覧

  1. Fukinofukino

    クロアチア、海が本当にきれいだよー!! 沖縄出身の私でもはっとするほど。青の洞窟は沖縄にもあるから、チャンスがあればぜひ行ってみてね! あったかいから、5月〜10月までなら海入れるよ^^ もっと詳細必要であれば、遠慮せずに個人的にも連絡してね。喜んでお答えします!

  2. Maika

    クロアチア、時間がなかったのでしょうがないですがDubrovnikだけはとてももったいないですね!青の洞窟があるとは知りませんでした。沖縄にもあることも知りませんでした!沖縄に学生のうちに行きたいな〜なんて思っているので挟み込まれる沖縄情報嬉しいです