Croatia

クロアチアの絶景! アドリア海の青の洞窟の魅力・行き方・料金

クロアチア青の洞窟

「青の洞窟」で世界的に有名なものといえば、イタリア・カプリ島にある青の洞窟を思い浮かべる人も多いかと思いますが、クロアチア・ビシェボ島という小さな島にも、世界中の観光客が集まる青の洞窟があります。

ということで今回は、そんなクロアチアにある青の洞窟の魅力・行き方・料金についてを紹介します:)

クロアチア・青の洞窟ってどんな所?

青の洞窟があるビシェボ島の海

青の洞窟があるビシェボ島の海。とってもきれい!

青の洞窟があるのはアドリア海に浮かぶ「ビシェボ島(Bisevo)」というとても小さな島の入り江。

青の洞窟が発見された当初、洞窟へつながる入り口は海底にしかなかったそうで、青の洞窟へ入るにはダイビングが唯一の手段だったとのこと。

それじゃあ多くの人に見てもらうことができずにもったいない!ということで、1884年、ボートでギリギリ入れる程度の入り口が人工的に作られたそうです。

ということでその他もろもろの説明はあとにして、早速クロアチア・青の洞窟の中の様子からご紹介!

クロアチアの絶景! アドリア海にある青の洞窟

クロアチア・青の洞窟の入り口(洞窟内から見たバージョン)

クロアチアの青の洞窟の入り口(洞窟内から見たバージョン)

クロアチアの青の洞窟の入り口は、12人乗りのボート1台がギリギリ通過できる程度の大きさ。高さは約1.5メートル、横幅は約 2.5メートル。

入り口をくぐる際には、ボートの乗員全員が頭を下げる必要あり

クロアチア青の洞窟への入場の瞬間

さぁ、洞窟に入るよー!

いよいよ洞窟へ入る瞬間が訪れると、ボートを運転しているお兄さんの「ヘッドダーウン!」の声が響き渡るのでその通りに。

写真なんて撮ってる場合じゃねーよ!と怒られるかもと思ってビクビクしてうまく撮れなかったけど、全員が一斉に頭かがめて、写真のような感じに。

頭を上げた次の瞬間、幻想的な暗闇が広がる

クロアチア青の洞窟

青の洞窟、入り口付近の様子

入り口をくぐるために頭を一瞬下げた後にぱっと頭を上げると、いきなり幻想的な世界に包まれていることに気づく。

この瞬間、テンション一気に急上昇! 洞窟の中はシーンと静まり返っていて「これぞ聖域です」的なオーラがヒシヒシ。

クロアチア青の洞窟内をゆっくり進んでいくボート

洞窟内をゆっくり進んでいくボート

そしてここからはボートのエンジンもストップ。お兄さんは手漕ぎ運転にシフトして、ゆっくりと洞窟内見学が始まる。

静かに、力強く輝く青の世界

洞窟内をゆっくり進んでいくボート

輝く青のグラデーション

青の洞窟内は、外の陽気でパーっと突き抜けた明るさとは全くの別世界。まるで気分は、不思議の国のアリス・海バージョン。

クロアチア青の洞窟

青の洞窟の中間あたり

ツアー参加者が話す声のボリュームも、自然とヒソヒソモード。参加者それぞれが青の洞窟の荘厳な雰囲気を尊重し、それぞれのスタイルで静かに、じっくりと青の洞窟の世界を味わう。

【Tips1】クロアチア・青の洞窟のハイタイムは11時〜12時頃

クロアチア青の洞窟

青の洞窟、別のシーン:)

クロアチアの青の洞窟、訪れるのにベストな時間は午前11時〜12時頃だそう。太陽の光が青の洞窟をパーフェクトに照らすタイミングらしく、青が最も美しく輝く時間帯なのだとか。

この時間帯に乗ることを計算してコミジャやスプリット、フヴァル島を出発する時間を決めると◯。

【Tips2】クロアチア・青の洞窟、中は以外とコンパクト

クロアチア青の洞窟

洞窟内の探検は一瞬!

以外とコンパクトなクロアチアの青の洞窟。そのサイズは、長さが約24メートル、海の深さは約10〜12メートルで、洞窟の高さは約15メートル。

なので中の見学もあっという間! 青の洞窟内での滞在時間は、わずか10分程度。その10分間を、じっくり味わって!

青の洞窟に行くメジャーな方法は大きく分けて3つ

青の洞窟と近隣の観光地

青の洞窟と近隣の観光地。中でもヴィス島がダントツで近い位置にある

  • 観光大都市・スプリットからツアーを利用して行く
  • フヴァル島など近隣の島からツアーを利用して行く
  • ビス島コミジャからツアーを利用して行く

この3つのうち、青の洞窟に最も近いのがビス島コミジャという街。コミジャから青の洞窟があるビシェボ島まではボートで片道15分〜20分ほど。

スプリットからは約2時間〜2時間半、フヴァル島からでも約1時間〜1時間半ほどかかるので、ビス島コミジャから行くのが最短かつ経済的。

スピードボートに長時間乗っていたくないという人には、断然ヴィス島コミジャ発コースがおすすめです。

ヴィス島から青の洞窟へ行く方法・料金

ヴィス島コミジャの港から見たコミジャの街

ヴィス島コミジャの港から見たコミジャの街

そして私が今回選んだルートもヴィス島コミジャ発→青の洞窟コース。ということで以下では、ヴィス島コミジャから青の洞窟への行き方・料金について紹介します。

1:まずはコミジャでツアーの申し込み

コミジャ・青の洞窟ツアー受付

コミジャの港の脇で受付を行っているツアー会社

コミジャに着いたら、まずは青の洞窟ツアーへの申し込みを。申し込みは、参加する日の前日までに済ませておくと確実。当日の朝早くに申し込みに行ったとしても、ハイシーズンの場合はすでに満席になっている場合も。

青の洞窟ツアーは、どこに申し込んでも金額は変わらない

コミジャ・青の洞窟ツアー受付

ツアー会社は港付近に点在している

コミジャの港の脇には複数のツアー会社が立ち並び、いずれも青の洞窟ツアーの受付を行っているけれども、どこに申し込んでも金額はほぼ同じ。

ツアー代金は、ビシェボ島までの往復ボート代で100kn(約1,800円)。

私が申し込んだところでは、申し込み時にデポジットとして50kn(約900円)を支払い、残りの50knは翌日の朝集合時に支払った。

2:ツアー当日、ボートでビシェボ島へ向かう

ビシェボ島まで渡るのに乗り込んだボート

ビシェボ島まで渡るのに乗り込んだボート

ビシュボ島青の洞窟まで移動するボート

海の男的オーラをまとっていたボートの運転手

ツアー当日の朝コミジャからボートに乗り込んだら、いざビシェボ島を目指す。

着いたらすぐに青の洞窟への入場チケットの購入を。ビシェボ島の港に降り立った目の前に位置にあるチケットカウンターにて購入。

私が事前に調べていた金額は40kn(約720円)だったけれど、今回支払ったのは70kn(約1,260円)。ハイシーズン中は青の洞窟の入場料もハイシーズン価格へと化ける模様。恐ろしきハイシーズン。

3:チケットを購入後は自分のボート乗船の順番が来るまで待機

クロアチア青の洞窟のチケット

購入したチケット。ボート乗船時にチケットのQRコードを読み込む

チケット購入と同時に渡されるのが整理券の番号。自分の番号がまわってくるまで、ボート乗り場の周辺で待機。私が購入した際にはすでに整理番号が切れてしまっていて、チケット購入時刻をチケット裏に記入された。

ハイシーズン中はとにかく激込み! ボート乗船まで1時間待ちも

ビシュボ島青の洞窟の順番待ち

炎天下の中ひたすら自分の番が回ってくるのを待つ

そしてハイシーズンの恐ろしさとしてもう一つ、決して忘れてはいけないのが、その人込み。

今回想定外だっというか、すっかり忘れてしまっていたのだけど、私がクロアチアを訪れている7月は1年間で最も混む時期だったということ……。

この時期、ヨーロッパを始めとした世界中の国々の観光客が、バカンスを求めてクロアチアのリゾート地を訪れる。

スプリットやドブロブニク、フヴァル島などの特に人気の観光地は、どこに行ってもリゾート客で溢れかえっている状態。

青の洞窟は、クロアチアの中でも屈指の観光目的地

ビシェボ島青の洞窟チケット売り場付近

日陰を求めて集まる人々

そしてこの青の洞窟ももちろん大人気の旅の目的地。とにかく、とにかく混んでいて、行列に並ぶことがあまり上手ではない私は正直まいりました。

青の洞窟の入場チケットを購入するまでに約45分間、チケット購入後にボートに乗るまでに約1時間15分、影もない炎天下の中ただひたすら待つ。

途中、こんな暑い思いまでして青の洞窟を見る必要あるのかな……と何度かくじけそうになったほど。

クロアチアのハイシーズンは7月と8月。私のように人ごみが苦手という人には、ハイシーズンの前後の時期に訪れることを心の底からおすすめします。

4:晴れて順番が来たら、いざボートに乗り込んで出発!

クロアチア青の洞窟へ向かうボート

青の洞窟へ向かう人々。ようやくだー!と嬉しそう

そうこうしながら無事に順番が回ってきたら、いよいよボートに乗り込んで青の洞窟へ出発! ビシェボ島の港から青の洞窟までは、片道約10分ほど。

そうしてようやく、冒頭で紹介したような青の世界とご対面と相成るわけでございます。

シーズン中はほぼ確実に青の洞窟に入場できるけど、100%ではない

クロアチア青の洞窟までの移動

青の洞窟までのボート移動も気持ちがいい

クロアチア・ビシェボ島にある青の洞窟は、4月〜10月の期間だと、入場できる可能性はなんと驚異の80〜90%以上。

波がものすごく高かかったり、風がものすごく強かったり、かなりの豪雨にでもならない限りはほぼ確実に入場できる。

でも100%というわけではないので、最後はやっぱり運次第。それでもクロアチアの夏のシーズンは雨も少なく、青の洞窟にはほぼ入ることができるそう。

自他共に認める台風女・台風男で「俺らは確実に嵐を呼ぶぞ」という人以外はそこまで心配しなくても大丈夫だと思います。

【最後に】沖縄の青の洞窟も負けてなくない!?

沖縄の青の洞窟

沖縄の青の洞窟(ちょっとブレてるけど…!)

実は今回、自分で想像していたよりも青の洞窟を見て「ウワーッ!!」とはならなかった。

期待が高すぎたのかもしれないけれど、終始私が感じていたことは「沖縄の青の洞窟も負けてなくない!?」ということ。もしくは謙虚にトントン。

海中から見た沖縄の青の洞窟

海中から見た沖縄の青の洞窟

沖縄にも青の洞窟があることはそこそこ有名だと思うけれど、私は沖縄の青の洞窟も大好き! クロアチアの青の洞窟と違って泳いで入ることもできるし、青さだって美しさだって全然劣ってない。

何なら、泳げることで沖縄の青の洞窟の方がお楽しみ度は高いと思う。沖縄の誇るべき青の洞窟、世界的にもっと有名になってもいいはず!

かつては遊泳が許可されていたクロアチアの青の洞窟

沖縄の青の洞窟で嬉しそうに泳ぐ30歳になりたての私

沖縄の青の洞窟で嬉しそうに泳ぐ30歳になりたての私

ちなみにクロアチアの青の洞窟も、数年前までは洞窟内での遊泳が許可されていたそう。でも観光客による破壊が進んだため、洞窟内での遊泳を禁止することになったそう。残念。

ということで、クロアチアに行けなくても、青の洞窟、日本国内・沖縄にもあります! 青の洞窟の選択肢の一つとして、ぜひ検討してみてください…:)。沖縄へぜひめんそ〜れ!

最後は何だか沖縄の青の洞窟の宣伝になってしまいましたが。もちろん、クロアチアの青の洞窟も、100%おすすめです!

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪


Information1:クロアチア青の洞窟

 

【料金】
ビシェボ島へのボート代金+青の洞窟入場料

※ビシェボ島へのボート代は出発地点により異なります。コミジャ発の場合は100kn(約1,800円)
※青の洞窟の入場料はシーズンによって異なります。

  • 7月・8月:70kn(1,260円)
  • その他:40kn(約720円)

※金額は2017年7月時点の情報です

【その他注意事項】
ハイシーズン中はとにかく混みます。青の洞窟入場を待つ間の水分補給、日焼け対策も十分行ってください。

Information2:ヴィス島着後、コミジャへの移動の仕方

ヴィス島コミジャの街

シーズン中でも比較的穏やかなヴィス島コミジャの街

  1. ヴィス島まではスプリットからフェリーで移動するのが最もポピュラーな手段(所要時間約2時間半)
  2. ヴィス島に着いたら、フェリーから降りた目の前にバス停があり、バスが待機しているのでそのまま乗り込んでください(片道25kn/約450円)

※バスはフェリーの発着時間に合わせて「ヴィス⇆コミジャ」間を運転しているので、フェリー発着に合わせて移動するのに困ることはありません。

※ヴィスからコミジャまでは10km以上あります。途中丘も超えていくので、歩いて移動するのはかなり無謀。バスかタクシーを使って移動してください。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  1. fukino より:

    クロアチア、海が本当にきれいだよー!! 沖縄出身の私でもはっとするほど。青の洞窟は沖縄にもあるから、チャンスがあればぜひ行ってみてね! あったかいから、5月〜10月までなら海入れるよ^^ もっと詳細必要であれば、遠慮せずに個人的にも連絡してね。喜んでお答えします!

  2. Maika より:

    クロアチア、時間がなかったのでしょうがないですがDubrovnikだけはとてももったいないですね!青の洞窟があるとは知りませんでした。沖縄にもあることも知りませんでした!沖縄に学生のうちに行きたいな〜なんて思っているので挟み込まれる沖縄情報嬉しいです

コメントを残す

*