At that time

とがった気持ちをまあるくする笑顔に出会ったクロアチア最終日


イタリア行きのフェリーを乗り過ごすかもしれない。

イタリアへ渡る当日、私はモンテネグロにある「コトル」という街からフェリーが出発する港があるクロアチアの「ドブロブニク」まで、バスで移動する予定を立てていた。

コトルからドブロブニクまでの地図

丸で囲った部分を移動した際の話

コトルを出発する予定時刻は朝の7時10分。目的地のドブロブニクへの到着予定時刻は9時30分。

12時に出発するフェリーに乗るには、十分に余裕のあるスケジュール。だと思っていた。

想定外の混雑だったクロアチアのハイシーズン

そんな余裕を持って立てていたクロアチア滞在中の全ての計画を狂わせたのが、夏のハイシーズンに伴う大混雑。

つい半月前にも、クロアチアのフヴァル島からスプリットまで渡るフェリーが約2時間遅れ、乗るはずだったバスを逃してしまったばかりだった。

クロアチアで一番参った日

そしてクロアチアに入って最も「参った」と思った混雑は、つい2日前に経験したクロアチアのドブロブニクからお隣の国モンテネグロのコトルへ移動する際の大混雑。

私が乗るはずだった午前10時ドブロブニク発のバスは、バス会社のミスでオーバーブッキング。私を含む10名が、バスに乗り込めずドアの前で立往生していた。

もちろん全員、事前に予約を取っていたし、バス会社の言う通りにチケットをきちんとプリントアウトして手元に用意していた。

当たり前のようにバスに乗れない全員の不満は高まり、不満の声や説明を求める声が飛び交う中で、バスの運転手もかなりピリピリしていた。

そんな中で強行突破に出たのがバスの運転手

「とにかく次のバスが来るまで待つように」。らちがあかないと思ったのか、バスの運転手はそのひと言だけ告げてバタンと乱暴にバスのドアの閉め、私たち10名をかなり不快な方法で締め出した。

「しょうがないか」

そんなちょっとありえない状況でも、その時の私は気持ちに比較的余裕があった。その日はコトル入りするだけで、後に迫る何か特別な計画を立てていたわけでもなかったから。早々にスーツケースに座ってパソコンを開き、次のバスが来るまでの時間を潰すことにした。

そして11時に到着するはずの次のバスがようやくやってきたのは、1時間半遅れた12時半。それでも無事にバスに乗れたので良しとし、後は約2時間半もすればコトルに着くか。そう思っていた。

夏のハイシーズンは道路も国境超えも大混雑

そこでまた待ち受けていた大混雑が、クロアチアモンテネグロ間で行う出国入国審査。国境に続く道は一車線しかなく、出国入国審査を行うゲートのはるか先まで車の渋滞が続いていた。

炎天下の中でクーラーも効かないバスでじっと待つ事1時間以上。ようやくクロアチアでの出国審査を終えたと思ったら、次に待つのはモンテネグロへの入国審査。

自分の審査を終え後、バスの他の乗客が審査を行っている間にトイレを済ませようとすると、そこにもまた長蛇の列。結局あまりにも列が長すぎてバスの出発までにトイレを済ますことはできず、慌ててバスに引き返す。

その時、私がトイレに行った事でバスの出発が少し遅れたと運転手に怒鳴られる始末。

大混雑でストレスが溜まっているのは分かるけど、それはお互いさまじゃない。

喉元までそんな言葉がこみ上げてきたけど、ここで怒っても何も意味がないと思ったのでやめた。ただただ、できれば感じたくなかった人間の内側に触れた気がして、残念で悲しい気持ちになった。

そしてようやく目的地のコトルに着いたのは、本来の到着予定時刻から4時間も過ぎた午後5時半だった。

通常だったら片道2時間2時間半で行けるところを、夏のハイシーズンの大混雑の影響で2倍以上の時間がかかっている。

国境を越える必要があるので、バスは予定時刻よりも遅れる可能性があることはチケット購入時にもアナウンスがあった。

でもまさか、予定時刻から4時間も遅れるとは思ってもみない。遅れても1時間程度だろうと思っていた。

結局この日の移動にかかった時間はほぼ丸1日。そしてどこに行っても人人人の大混雑、加えてバスの運転手の終始ピリピリした雰囲気。さすがにこたえたなぁと感じた一日だった。

そして目的地のコトルに着いた時には、そんな気疲れも重なってヘトヘトになっていた。

そんな経験をした後の、イタリアへ向かう日の朝

そしてまたモンテネグロの「コトル」からクロアチアの「ドブロブニク」へ移動する必要があった朝。

コトルのバス停から午前7時10分に出発するはずのドブロブニク行きのバスは、出発時刻からもうすぐ1時間も過ぎようとする8時になっても、バス停へやってくる気配が全くなかった。

乗客をさばくためにバス乗り場に立っていた初老のおじさんに「バスはあと何分で来るのか」と確認しても、「10分後」とぶっきらぼうな返事が返ってくるだけ。

このおじさんは誰が聞いても「10分後」としか答えなかった。そして最初に「10分後」と告げた時からすでに40分以上は経っていた。

「もう1時間も前からあと10分で来るって言ってるけど、バスはまだ全然こないじゃない」

不満を募らせた中年の女性が、係りのおじさんを少し責めるようにして問い詰めた。この女性の気持ちはわかる。きっと待っている乗客全員が同じ気持ちだった。

遅れるのは仕方がないとしても、せめて真摯な説明がほしかった。そうすれば納得できて、もう少し全員のピリピリした気持ちもおさまったはず。

でもおじさんは「俺の方がストレス溜まっているんだ」とでも言わんばかりに「じゃあ15分後」とだけ開き直りにも近いような態度でそう告げた。

そしてこの時の私は、前回遅れた時とは違ってとにかく焦る気持ちが募っていた。

イタリア行きのフェリーを逃したくない

どうしても、12時のイタリア行きのフェリーに乗る必要がある。1時間に1本はあるバスとは違って、クロアチアからイタリア行きのフェリーは1日1本が基本、多くても2本しか出ていないと記憶していた。

出発当日にフェリーチケットの時刻を変更することはできなかったし、もしも逃したとしたら、その後何時にまたフェリーが出るのか、はたまた翌日まで待たないといけないのかも分からなかったし、調べようもなかった。

乗り過ごすとなると今夜の宿を探さないといけない上に、今夜泊まるはずだったイタリアの宿の宿泊料金は当日キャンセルになるので返ってこない。加えて新たなフェリーのチケットも購入する必要がある。

そうなったら本当に嫌だと思っていたので、どうしても12時のフェリーに乗りたかった。そして焦る気持ちだけがどんどん募っていった。

ようやくバスが来たかと思ったら

そして出発時刻から1時間15分が過ぎた頃ドブロブニク行きと書かれたバスがようやくやってきた。これならまだ間に合うと安心したのもつかの間、バスに乗り込もうと先のおじさんにチケットを見せると「NO」と言われて乗車を拒否された。

一瞬わけが分からず何事かと思い確認してみると、今私の目の前にあるバスは、私が購入したバス会社とは異なるバス会社が運営しているバスで、私のチケットでは乗る事ができないとのこと。

ちなみにそのバスの出発予定時刻は8時30分。出発予定時刻ぴったりに合わせて、しっかり到着していた。

そして7時10分に出発するはずの私が購入したバス会社のバスは、未だに来る気配がない。

このバスに乗らないとフェリーを逃してしまうと思い、その場ですぐに異なるバス会社のチケットを新たに購入することに決めた。宿代とフェリー代を新たに支払うよりもはるかに安い。

そしてようやく8時半。ドブロブニク行きのバスが出発した。

朝だったからか、ドブロブニクまでの道のりはそこまで混雑していないく、順調にバスは進んで行く。

そしてまたモンテネグロドブロブニク間での出国入国審査

混雑していなかったとはいえ、この国境超えはどうしても時間がかかる行程だった。

「早く終わらないかな」と焦る気持ちだけが高まる中、バスを降りて出国審査の自分の番を待つ間、バスの運転手に向かって何時頃にドブロブニクに到着しそうか尋ねた。

するとバスの運転手は申し訳なさそうな表情を浮かべて、混雑状況によるから何とも言えない…と答えた。

そりゃそうだよね…と思い、やり場のない感情を抑えてぐっと言葉を飲み込む。

この後飛行機に乗る予定でもあるの?

するとそんな私の表情から何かを察したのか、運転手がこの後飛行機にでも乗る予定があるのかと聞いてきた。

私が飛行機ではなく12時発のフェリーに乗る予定があると答えると「12時なら大丈夫、間に合うよ」とニコッと優しい笑顔を見せてくれた。

その笑顔ひとつで、とがったこころがまぁるくなったから不思議

その運転手が笑顔を見せた瞬間、焦りと不安でピリピリにとがっていた気持ちが、不思議なほどみるみるとまあるくなるのを感じた。

あぁ、笑顔の力って本当にすごい。と、目からウロコな状態で、笑顔が持つ威力に驚く気持ちで体中が一気に満たされたような感じ。

コトルからドブロブニクに向かうバスの中から見た、最後のドブロブニク旧市街の風景

コトルからドブロブニクに向かうバスの中から見た、最後のドブロブニク旧市街の風景

笑顔って、こんなにも人の気持ちを軽くしてくれるものだったっけ。

この数日、バスに関してはピリピリしてしかめっ面の従業員や運転手しか見ていなかったから、この運転手の笑顔は特別に心に沁みた

もし私がこの後フェリーを逃してしまったとしても、きっと納得できると思えた。この運転手はきっと、バスの乗客のために最善を尽くしてくれていると思えたから。

それほどに、このバスの運転手が見せた笑顔にはパワフルな力があった。

Good Luck:)

そして彼は出国・入国ゲートで私に告げた通りの時刻に最終目的地ドブロブニクに到着し、一番に私のスーツケースを取り出し「Good Luck!」と言ってまた笑顔で送り出してくれた。

それから私はバス停から港まで重いスーツケースを引きずりながら猛ダッシュで走り、駆け込みセーフで出発時間5分前というギリギリのタイミングでイタリア行きのフェリーに乗り込むことができた。

そしてフェリーの中で、今このブログを書いている

ブログを書きながら見ていた海

ブログを書きながら見ていた海(アドリア海)

笑顔の大切さ、笑顔の持つパワーを感じて、それを忘れたくなかったからこうしてブログを書いている。

私も彼のように、とがった気持ちをまあるくする笑顔を見せる人になりたいな。

疲れている時こそ、辛い時こそ、「大丈夫」と言ってニコッと他人に優しく微笑むことが人に。そう思えた出来事だった。

追伸:出発時間5分前にギリギリセーフで乗り込んだフェリーは、その後1時間遅れて出発しました。あんなに焦ったり走らなくても良かったのか…と思うと、なんだかなぁでした。


\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*