England

イギリスから日本への手紙の郵送は「ロイヤルメール(Royal Mail)」が安心、確実

イギリスに発つ直前にローマで携帯を紛失した事件により、イギリスの国際郵便サービスを利用することになりました。理由は保険会社に携帯代金の補償請求をするために必要なポリスレターの原本を送るため。

▼今回イギリスの国際郵便サービスを利用して送る必要があったポリスレター

この子は海を渡らねばなりません。補償のために。

イギリス(むしろヨーロッパ)の郵便サービスを信じない派だった私

大事な書類をイギリスから国際郵送する必要があった際、私が一番に思ったことは「無事に届くのだろうか…」ということ。

なぜなら私はイギリス(むしろヨーロッパ)の郵便サービスに対して不信感たっぷり。それはローマにいた時、11月頃にローマから出した年賀状が2月に届いたという話を聞いたことがあったから。

2月になると「そういえば最近新年っていうのあったね」なレベルだよね。例えニューイヤーズカードの配送が世界中で大量に発生する繁忙期であったとしても、配送までに4カ月って!

加えて私が日本にいた頃にイギリスに住む友人に手紙を書いた際、3〜4週間経って出したことすら忘れた頃にイギリスに届いたという経験を一度ならず3〜4回はしていたから。

でも今回イギリスから郵送するのは、保険の補償を受けるための大事な大事なポリスレター(原本!)

何としてでもイギリスから日本へ無事に届けたい。保険会社の人に言われた「国際郵送トラブルでポリスレターを紛失してしまった場合には、補償できない場合があります」という言葉が頭をよぎる……。

ということで、慎重にことを進めるべくイギリスの郵便サービスについて調べてみました。

意外にも(とても失礼ですみません)素敵なイギリス郵便サービスのホームページ

イギリス郵便サービスのホームページ(2017年4月時点)

「Post office uk」で検索するとトップに出てきたイギリスの郵便サービスのホームページ。何だか今風のデザインで素敵!

メインメニュー(HP上部に横断している赤いメニュー)から「Products & Services」をクリックしてみると、以下のようなメニューが。

ここから国際郵便サービスの詳細を確認

さらに「Letters and Parcels」というメニューをクリックすると出てくるのがこんなページ。ここに「Sending Abroad」というイギリスの国際郵便サービスの項目を見つける。

その下に表示されているのが「Standard(基本)」、「Confirmed(確実性が高い)」、「Guaranteed(保証付)」、「Economy(エコノミー)」が続くので全て確認してみたところ、イギリスから海外へ手紙や小さな小包(2kg程度まで)を送る場合には「Standard」か「Confirmed」の郵便サービスでOK。

もしもプレゼントや高額のものを送る場合には高い補償サービスがついている「Guaranteed」を、衣類などを詰めた大きな荷物を安く送りたい場合には「Economy」の郵便サービスを利用するのがおすすめ。

イギリスから手紙を送る際の「Standard」と「Confirmed」の違いは?

【イギリス郵便:Standardの特徴】

  • 安い(最低価格£1.17/10gから)
  • 日本に届けるまで大体5〜7営業日程度
  • 紛失やダメージを受けた際には£20の補償が受けられる
  • 郵便状況の確認はできない

【イギリス郵便:Confirmed郵便の特徴】

  • スタンダードに比べるとちょっとだけ高い(最低価格£6.00/10gから)
  • 日本に届けるまで大体5〜7営業日程度
  • 紛失やダメージを受けた際には£50の補償が付き、さらにオプションを付ければ£250までの補償が可能
  • 郵便状況の追跡ができる

両サービスとも、日本への配送期間は5〜7営業日程度と変わらない。けれど一番の違いは、Confirmedの郵便には「追跡機能」が付いていること。日本で言うとレターパックを使って送るイメージ。

スタンダード郵便より£5(約700円)くらい高くなるけれど、イギリスから海と大陸を超え、はるか彼方の日本へと無事に届けるための「安心」を買えるとしたら、大きな金額ではないはず。

イギリスから大事な手紙や書類を確実に送りたい場合は、迷わずConfirmed郵便サービスの利用を。

これらの郵便サービスは最寄りの郵便局で申し込めばOK!

さて、イギリスの郵便サービスの種類が分かったものの、これらの郵便を利用するにはどうすればいいの?の答えは簡単。ただ最寄りの郵便局へ行けばいいだけ。ということで私も大事なポリスレターを持って郵便局へ。

ちなみにイギリスで(慣れない国で)最寄り郵便局を探すには「偉大なるGoogleマップ先生」を開き、検索窓に「Post office」と入力すればいいだけ。先生のファンタスティックな検索力により、ものの数秒で最寄りの郵便局が見つかる(もちろん位置情報はオンにしてね)。

郵便局でもらったレシートは大事に保管!

いざ郵便局へ到着したら、持参した手紙をConfirmedで送りたいと伝えればOK。手紙を出して料金を支払った後にレシートが渡されるので、それは大事にとっておいて!

イギリスの郵便局で渡されるレシート

レシートの中には「追跡コード」が書かれているので、イギリスから日本へ手紙が無事届くまでは手元に置いておくと安心。そしてこの追跡コードを利用して手紙の配送状況を調べるためのサイトがレシートの下の方に記載されている。

イギリスの「Confirmed」郵便サービスの名前は別名「Royal Mail」だった

イギリスから日本へ手紙を出して数日経って配送状況を確認するために記載されたサイトを入力してみると「Royal Mail」というサイトに。

何だかよくわからないけど、イギリスの「Confirmed」郵便サービスは、どうやら「Royal Mail」と呼ぶらしい(何で最初からRoyal Mailって紹介しないんだろう……)。

ということでイギリスからの配送状況を確認してみよう

【1】メニューを選択する

スマホで見たトップページはこんな感じ(2017年4月時点)

トップページにはメニューがいくつか表示されているので、一番左上にある「Track you item」を選択。

【2】追跡用コードを入力

追跡コードの入力画面

続いて出た画面の枠内に、郵便局でもらったレシートに記載されている追跡コードを入力。入力完了したら「Track item」ボタンをポチ。

【3】現在の配送状況を確認

青枠部分内で、出した郵便物の状況を確認できる

ちなみにこの画面は、沖縄にいる両親から手紙を無事受け取ったという連絡を受けた後に確認した画面。Status(状況)はDelivered(配達済)になっていて、青枠部分で詳細の状況を確認することができる。

【その他】配達途中の場合には「Where has my item been?」ボタンを押せば配達状況を確認できる

まだ手紙が到着していない場合に現在の配達状況を確認したい場合は「Where has my item been?」ボタンを押せば荷物の現況を確認できる。

最新の状態から順に表示され、自分の郵便物が今どこにあるのか、イギリスからどんな過程を通っていったかを知ることができ「今どこで何しているんだろう」状態に陥らないですむ。

700円ほどの追加料金で、数日間の心の安定も買うことができちゃいます。

結果:イギリスから日本(沖縄)へ、10日で届けることができました

沖縄に住む父・晃ちゃんから無事に届いたという証明写真

ということで、4月3日(月)にイギリス・ロンドンから出した私のポリスレターは、Confirmed郵便サービス改めRoyal Mailサービスを経由し、4月13日(木)、無事に沖縄に住む両親の元へと届けることができました。

イギリス・ロンドンで手紙を出してから5〜7営業日内に日本の中心地に届いたとして、そこから沖縄アイランドまで届けるまでに約2日間とすると、10日で届けることができたのは誰もがうなずく納得のいく配送スケジュール!ですよね。

イギリスからの国際郵便、お金を出せば、ちゃんと届く

ということで今回の教訓は、全てはお金が解決する。という何とも夢のない、当たり前な話。然るべきサービスには然るべき対価を支払うのは、どこの国でも一緒ですね。

そしてイギリス(むしろヨーロッパ)の郵便サービスを全然信じていなくて、この場を借りてごめんなさい。

イギリスから日本へ大事な手紙や荷物を送る際、然るべきサービスを利用すれば「確実に」、「安全に」届けることができます。保証済み!


余談:そういえばイタリアから送った荷物も、無事日本へ届きました

イギリスへ発つ前に荷物を整理した際、もうしばらく必要でないであろう冬物はダンボールに詰めてローマから日本へ送ることに。最悪紛失してもいいか……と思い、一番安い船便を利用して送付。

郵便局では「4週間か下手したらもっとかかるかも」と言われた挙句、「無事に届くことを私も祈ってるから」と言われる始末(!)。

それがつい最近、両親からイタリアから荷物が届いたとの連絡が。発送したのが3月30日で、届いたのが4月14日。何だ、2週間で届いてるじゃん!

ということで、イタリアの郵便サービスもしっかりしていることが証明されました。でも日本に届いたダンボールはものすごい姿になっていたけど……。

ローマで散々「イタリアの郵便サービスは信じない!」と言いまくってごめんなさい。どの国も、郵便サービス、しっかりしています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る