English

英会話:ゴールデンウィークを英語で説明する(Golden week in Japan)

この記事は、中途半端な英語(日常生活に支障のないレベル)を話す私がきちんとした英語を話すために始めたオンライン英会話レッスンの備忘録です。目指すは脱・Broken English。


年に一度の大型連休「ゴールデンウィーク」は、日本ならではの休暇期間!

日本ならではの連休ということで、外国人に「日本にはゴールデンウィークがあるんだよ」とただ言っても伝わらない。

そう伝えたところで「ゴールデンウィークって何?」とほぼ100%の確率で質問されるはず。

ということでこの「ゴールデンウィーク」について、外国人に英語で説明してみよう。

1.ゴールデンウィークの存在を英語で説明

Japan celebrates “Golden Week” during the last week of April up to the first week of May. However the dates and days change, it depends on year.
(日本では、4月最後の週から5月始めの週にかけて”ゴールデンウィーク”を楽しむんだよ。ちなみにゴールデンウィークの日付と曜日は、年によって変わってくるんだけどね。)

【解説】
ここで「celebrate」と聞くと「お祝いする?」と思ってしまうかもしれないけれど、以下の説明通り「celebrate」を「楽しむ」的な感じで捉えると違和感ないかな?「Up to」の意味も理解しておくと、よりスムーズ。

celebrate:VERB

[WITH OBJECT]
1.Acknowledge (a significant or happy day or event) with a social gathering or enjoyable activity.
ex)‘they were celebrating their wedding anniversary at a swanky restaurant’

up to:PHRASE

1.1. Until.
ex)‘up to now I hadn’t had a relationship’
引用:Oxford Dictionaries

【+α】ゴールデンウィークの真っ最中に「今、日本はゴールデンウィークなんだよね」と英語で説明する場合

■Japan is celebrating “Golden Week” now. Golden week is a special holiday in Japan that is from the end of April to early May.
(今日本はゴールデンウィーク中なんだよね。ゴールデンウィークは日本にあるスペシャルホリデイのことで、4月後半から5月上旬にあるんだよ。)

【解説】
「is celebrating」の現在形を使用すれば、「今ゴールデンウィークの真っ最中なんだよね」という説明に。

ここでは、ゴールデンウィークの期間を「from the end of April to early May(4月後半から5月上旬まで)」と、先の表現に比べるとざっくりとした表現を使用。バリエーションの一つとして参考までに。

より的確に説明したい場合は、先の例のように「from the last week of April up to the first week of May(4月最後の週から5月始めの週まで)」と説明した方がグッド。

2.「今年のゴールデンウィークは最大で9連休なんだよ」と英語で説明(2017年度版)

■In this year, golden week lasts 9 days the most.
(今年のゴールデンウィークは最大で9連休だよ(※2017年の場合))

【解説】
2017年のゴールデンウィークは4月29日(みどりの日)が土曜日、5月3日(憲法記念日)が水曜日、5月4日(みどりの日)が木曜日、5月5日(こどもの日)が金曜日なので、5月1日(月)と5月2日(火)の平日に有休を取れば、最大で9連休。

「最大で●連休」を英語で説明する場合には「last ● days the most」で説明。

【+α】ゴールデンウィーク期間に「最大」がある理由を英語で説明

■It depends on the person how would his/their holiday last.
(ゴールデンウィークが何日間続くか期間は、その人次第かな。)

■If the person takes May first and second as his/their holiday in this year, he’ll/they’ll have a 9-day golden week holiday in total.
(もしその人が5月1日と2日を休みにしたら、その人のゴールデンウィークはトータルで9日間になるよ。)

【解説】
ここでは「9-day」という表現の仕方に注目。「9 days」という複数形ではなく「9-day」という単数形になっている理由は、「9-day」が「golden week holiday」という名詞を修飾する文章になっているから。

後ろに続く名詞を修飾する場合には「単数形」、後ろに修飾する名詞がない場合には「複数形」というイメージ。

例)

  • I’m a 30-year-old woman.
    →womanを修飾するから「year」は単数系
  • I’m 30 years old.
    →後ろに修飾する名詞がないから「years」の複数形

そして「the person」の代名詞に「their」や「they’ll」を使用しているのは、「his」や「he’ll」だと性差別的な表現だと捉える人もいるため(何でthe personは男だと決めるの?的な感じ)。何とも今の時代的。

「his」や「he’ll」を使うのは気が引けるな……という場合には「their」や「they’ll」を使うと無難。この場合は複数形になっちゃうけど大丈夫。

3.ゴールデンウィークの詳細をより詳しく英語で説明

■Golden Week also has specific National Holidays.
(ゴールデンウィークには特定の国民の休日も含まれているんだよ。)

■For instance the first day of national holidays from the Golden Week is April 29th called “Showa Day”.
(例えば、ゴールデンウィーク期間中にある一番最初の国民の休日は4月29日で”昭和の日”って言うよ。)

■Second national holiday in Golden Week is May 3rd called “Constitution day”, third one is May 4th called “Greenery day” and last one is May 5th called “Children’s day”.
(2つ目のゴールデンウィーク期間中にある国民の休日は5月3日で「憲法記念日」、3つ目が5月4日で「みどりの日」、最後の国民の休日は5月5日の「こどもの日」だよ。)

【解説】
まずはそれぞれの国民の休日名を英語でおさらい。

●昭和の日(April 29th)
→Showa day.
●憲法記念日(May 3rd)
→Constitution day.
●みどりの日(May 4th)
→Greenery day.
●こどもの日(May 5th)
→Children’s day.

あとはこれらを順番に「The first day of national holidays from the Golden week is〜」、「Second one is〜」、「Third one is〜」というように説明していけばOK。文章は長いけど、英語自体はシンプル^^

また英語は繰り返しの表現を嫌うので、ここでは「one」という代名詞を使用。

まとめ:ゴールデンウィークを英語で説明・全文

Japan celebrates “Golden Week” during the last week of April up to the first week of May. However the dates and days change, it depends on year.
(日本では、4月最後の週から5月始めの週にかけて”ゴールデンウィーク”を楽しむんだよ。ちなみにゴールデンウィークの日付と曜日は、年によって変わってくるんだけどね。)

In this year, golden week lasts 9 days the most.
(今年のゴールデンウィークは最大で9連休だよ(※2017年の場合))

It depends on the person how would his/their holiday last.
(ゴールデンウィークが何日間続くか期間は、その人次第かな。)

If the person takes May first and second as his/their holiday in this year, he’ll/they’ll have a 9-day golden week holiday in total.
(もしその人が5月1日と2日を休みにしたら、その人のゴールデンウィークはトータルで9日間になるよ。)

Golden Week also has specific National Holidays.
(ゴールデンウィークには特定の国民の休日も含まれているんだよ。)

For instance the first day of national holidays from the Golden Week is April 29th called “Showa Day”.
(例えば、ゴールデンウィーク期間中にある一番最初の国民の休日は4月29日で”昭和の日”って言うよ。)

Second national holiday in Golden Week is May 3rd called “Constitution day”, third one is May 4th called “Greenery day” and last one is May 5th called “Children’s day”.
(2つ目のゴールデンウィーク期間中にある国民の休日は5月3日で「憲法記念日」、3つ目が5月4日で「みどりの日」、最後の国民の休日は5月5日の「こどもの日」だよ。)


文にすると長く見えるけど、話してみるとあっという間!

私は外国人のお友だちに日本のゴールデンウィークについて説明したところ「そんな休みは初めて聞いた」とみんな興味深々^^ 日本ならではの事柄を説明して日本に興味を持ってもらえるのって、地味にじーんと心があったまります。

ということで、ゴールデンウィークを英語で説明してみようの回はこれにて終了。

今年もたくさんの人が素敵なゴールデンウィークを過ごしていますように♪

【関連記事】
英会話:母の日を英語で説明しよう(Mother’s day in Japan)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*