私はラッキーガール? 世界レベルのポジティブ思考を目指して

いきなり本題から入るけれど、私はかなりのポジティブ思考かつ楽天思考な人間だと自認している。いい意味でも悪い意味でも。

私のマインドの90%は、沖縄が生んだ素晴らしき文化「なんくるないさ〜(何とかなるさ〜)」精神で成り立っている自信もある。

友人たちからも、本当にポジティブだよね。明るいよね。能天気だよね。適当だよね。向こう見ずだよね。と言われ続けること十数年。

これらのありがたき言葉の数々によって「そうか、私はポジティブなのか」と認識させ続けてもらっていた。

でも。

私のポジティブレベル、世界レベルにはほど遠いのかもしれない

そんなことを思わされる出来事が、クロアチアで起こった。

その日は朝からPCを開いてカタカタし続け、2〜3時間経った頃に甘いものが欲しくなった私は、近くにあったスナックを販売している自動販売機に向かった。

お目当てはチョコレート。そう、ちょっと疲れた脳への定番かつ最高のご褒美。

「はぁ〜糖分糖分〜♪」

とウキウキしながら自動販売機のボタンを押す。

私が押したボタンのチョコレートの列のロックがウィーンと音を立てて開き、最前列にあったチョコが後ろからポコンと押される。

後は落ちてきたチョコを下の受け取り口から取り出すだけ。

でも。

落ちてくるはずのチョコレートが落ちてこない

ガタンと落ちてくるチョコレートが楽しみで楽しみで、すぐに取り出せるように受け取り口の前にしゃがみこみ、万全の態勢で待っていた私。

この「ウィーン、ポコン、ガタン」の最後の「ガタン」が聞こえてこないリズムの乱れに違和感を感じて、おのずと上を見上げる。

するとチョコが列の途中に引っかかっているという事件を目の当たりにした。

はぁ。。。自然とこぼれるため息。

すぐに食べられると思っていたチョコを食べられないとなると、不思議なことにビッグバン並の勢いでチョコ食べたい欲が大きくなっていく。

トイレに行くのを我慢して我慢してようやくトイレを発見したとき、今まで我慢できていたはずのトイレが、最後の数秒になってもう漏れちゃう…ってなる感覚と似ている(食事中の方がいたらごめんなさい)。

チョコ欲で頭がいっぱいになった私は、自動販売機をちょっと乱暴に揺らしてみたり、叩いてみたりするというプチ暴挙を実施。ビビリな性格ゆえにガツンとはいけなかったけれど。

そして防犯対策がばっちり施されていたこのマシン。私からの衝撃に対してうんともすんとも言わず、途中で引っかかっているチョコはピクリとも動かない。

はぁ。。。とまたため息をこぼすも、数秒後には「まぁ、死ぬわけじゃないしな」と持ち前のポジティブ思考で状況を楽天的に受け止め、気を取り直して宿泊先のフロントに向かう。

「チョコが引っかかって落ちてこないんだよね」

そう伝えると、

「OKOK、良くあることだよ」

と優しい笑顔で同情してくれたお兄さん。お兄さんの笑顔が私に伝染し、私も自然と顔がほろこぶ。

そうか、こんな経験をしているのは私だけじゃないのか。

私以外にも同じバッドラックを経験している人がたくさんいることを知ると、もしかしたら私も「選ばれた一人」なのかもしれないと思えてちょっと誇らしい。

自動販売機被害友の会という名の会合があれば「ホント、自動じゃない自動販売機には参っちゃうよねぇ〜」と頭ポリポリしながら話に華を咲かすことができる日がくるかもしれない……。

そんな素敵な機会に参加できる権利をもらえたとしたら、むしろ今回の件はラッキーだったのかもしれない……そんなどうでもいい妄想をして思わずにやけそうになる。

そしてこのお兄さんがこのあと何とかしてくれるんだろう、そんな期待も込めて笑顔で見つめ合う。

でも、ふた言目に彼の口から出た言葉が、私を一気に現実に引き戻す。

お兄さん「とりあえず自動販売機に電話番号が書かれてるから、そこに電話して解決して」

私「……^^?」

お兄さん「だから、自動販売機の会社に電話して(自分でどうにかして)?^^」

このあまりに非協力的なお兄さんの態度に一瞬目が点になるも、とりあえず状況を把握する。

そうか、あの自動販売機はこのお兄さんの管轄外なのか。それならばしょうがない。

ということで気を取り直して自動販売機の元へと戻る。チョコは相変わらず引っかかったままだ。

「もしかしたら、上の列のチョコを買えば上から落ちてくる衝撃で一緒に落ちてくるかも?」

自動販売機の会社へ電話するのを少し億劫だと感じていた私は、上の列のチョコを購入して下のチョコに衝撃を与える作戦を試みることにした。

再度自動販売機にコインを入れて、引っかかったチョコの真上に陳列されているチョコのボタンを押す。

「ウィーン、ポコン……」

……。

……。

……。

「ガタン」の音がまた聞こえてこない……。

まさかと思って今回購入した列のチョコを確認すると、下のチョコと全く同じような状態で上のチョコも引っかかっていた。そう、まさかの二の舞。

はぁ。。。作戦は失敗。

私の目の前には、落ちそうで落ちないチョコが上下2つに並んで儚げにぶら下がっている。

価格にして約200円。このまま諦めるか、自動販売機の会社に電話をするか……。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧

  1. Fukinofukino

    こちらこそコメントいただきありがとうございます^^
    はい、きっと起きることには何か意味があるんでしょうね…!!
    少しでも私のエピソードを少しでも楽しんでいただけますと幸いです^^

  2. 渡部 那津子

    福島県会津若松市在住
    46歳 アーユルヴェーダセラピスト

  3. 渡部 那津子

    受け止め方次第ですね!
    きっと、人生で起きる全てが…
    ありがとうございます♫
    トラブルに遭遇したら、このチョコレートエピソードを思い出します。