England

海外の生理用ナプキン・ロンドン編 〜海外で生理用ナプキン使う機会があるあなたへ〜

イギリスの生理用ナプキン

※この記事は女性特有の生理に関する記事で、生理用ナプキンについて詳しく書いています。食事中や電車の中などでの閲読はあまりおすすめできませんが、読む際には予めご了承ください。


海外にいようがどこにいようが、妊娠していない限りある一定の期間でやってくる“あのお方”。

海外生活を始めてから約3カ月、それまでは日本から持ってきた生理用品で事足りていたけれど、先日とうとう使い果たしまして…:)

ということで私にも遂に、海外の生理用ナプキンにデビューする日がやってまいりました。

海外の生理用ナプキンのイメージといえば?

海外製の生理用ナプキンに対してものすごく勝手なイメージと偏見を持っていたことを認めつつ、正直な気持ちを言うと、

  • デカイ
  • ぶ厚い
  • ゴワゴワ〜

何というか、海外の生理用ナプキンへのイメージをひと言で表現するならば「雑そう」(本当に勝手な偏見でごめんなさい)。

でもきっとこれ、私だけじゃないよね!?(そうだと信じてます)。

日本の生理用ナプキンって機能性・デザイン性ともにどんどん進化していくし、「生理中の女性の心理をよく分かってるなぁ〜」と常々感心して感謝していました。

ナプキン一つにまでこんなに気を遣っている国って、日本以外にもあるのかな?と思うほど。

ここで一度、日本が世界に誇る「ウォシュレットトイレ」を思い出してみて

日本のウォシュレットトイレ

お尻に優しくしてますか?:)

ここで少し、かつて「お尻だって洗ってほしい」という名コピーを生み出し、今や世界に誇る“ジャパニーズウォシュレットトイレ”を世に送り出した日本人の「お尻にまで至る思いやり」を思い出してみて?

私はこのウォシュレットトイレが生まれた背景に潜む、何とも繊細で優しいお尻への愛情にいつも感動する。「長い間待たせてごめんね」、「お尻のこと、これからうんと大事にするからね」って、お尻を慈しむあの感じ。

そしてお尻への愛情と同じものを、日本の生理用ナプキンにも感じる

そんな世界に誇る慈しみのウォシュレットトイレと同じように、日本の生理用ナプキンにもお尻レベル、もしかするとそれ以上の「思いやり」が込められていると思う。私は十数年来の生理用ナプキンイチユーザーとして、胸を張ってそう言える。

「持ち運ぶのに軽いに越したことはないよね」、「吸収力も抜群だと精神が安定するよね」、「薄くてつけ心地も軽ければ、もしかして生理ってこと忘れちゃうかもね」。

「サラサラが好きな人もいればふわふわが好きな人もいるかもね、だから両方作った方が喜んでもらえるかもね」、「見た目が可愛いと、逆に生理中のテンション上がっちゃうじゃない!?」。

ほら! このブログを書きながら軽く挙げただけでも、日本の生理用ナプキンの思いやりポイントがどんどん出てくる。

日本のトイレ事情って、本当に愛情に溢れているなぁとしみじみ感じる。

ちなみに私が日本で使っていた生理用ナプキンはこれ

日本の生理用ナプキン

画像は公式サイトより

話は戻って、私が日本にいた頃にお世話になっていた生理用ナプキンがこちら。生理用品の王手メーカー、ユニチャーム・ソフィの「センターインコンパクトスリム」。

軽い!薄い!吸収力抜群!そしてパッケージもカラフルで可愛い! 3拍子ならぬ4拍子も揃ったこの生理用ナプキンは、私にとって最高の相棒さまでした。

できれば海外でも、この「センターインコンパクトスリム様」と同等まではいかなくても、似ているものを探し出したい。

ということで早速、ロンドンで一緒に住んでいるフラットメイト(ロンドン在住15年以上)にアドバイスを求めてみた結果。

海外での生理用ナプキン・ロンドン編:おすすめは「always」と「Bodyform」

イギリスの生理用ナプキン

左/always、右/Bodyform

私が「生理用ナプキンは薄型派」だと伝えると「それならBodyform(右)がいいかもね」とのアドバイス。

「あとalways(左)もなかなか良いよ」とのことだったので、私は「Bodyform…always…」と忘れないようにぶつぶつ呟きながら東京のマツキヨ的存在、ロンドンの薬局Boots(ブーツ)へ。

Bootsの店内には色んな種類の生理用ナプキンがあったのだけど、とりあえず今回は写真の2つを試しに購入してみることに。

【1】昼用におすすめの生理用ナプキンは「Bodyform」

イギリスの生理用ナプキン(薄型)

ロンドンで見つけた生理用ナプキン:Bodyform

まずは昼用の生理用ナプキンから。私が購入したのは、厚さ3mmの超薄型、ちょっと多い日の昼用「long」、羽付きタイプの生理用ナプキン。

しずくの量6つをマックスの経血量とする内、レベル5程度までの経血をカバーできるという優れもの。

今回購入したものには10枚の生理用ナプキンが入って、値段は£1.49(約209円)。日本の生理用ナプキンよりもちょっと安い。

厚さ3mm、確かに超薄型! そして軽い!

イギリスの生理用ナプキン(薄型)

Bodyform:横から見てみるの図

この生理用ナプキン「Bodyform」を手に載せてみるとこんな感じ。ご覧の通りとっても薄い! そして表面の肌触りはサラサラで、つけ心地も爽やか。これは日本で使っていた「センターインコンパクトスリム様」に全く引けを取っていない。

表面には前方・後方を分かりやすくする工夫も

イギリスの生理用ナプキン(薄型)

表面にはハートの模様

そしてイギリスの生理用ナプキンにもおもてなし魂が! ナプキンの前方・後方がどこかひと目でわかるように、前方部分にハートの模様が施されている。

そして確かではないけれど、過去十数年の経験から、表面のパープル達はきっと経血をしっかり吸収する「強力吸収ゾーン」ではないかと推測。

ちゃんとパンツに漏れないようにケアされてるーー! ロンドンの片隅でひとり、海外製の思いやりあふれる生理用ナプキンに感動する。

思いやり度は日本以上? 使用済みナプキンは「巻いて・押して・ポイ!」

イギリスの生理用ナプキン(薄型)

使用済みナプキンの捨て方を説明している外装

そして私が驚かされたのは、この「Bodyform」各ナプキンの外装には「Roll-Press-Go(巻いて、おして、ポイ!)」という使用済みナプキンの捨て方がプリントでレクチャーされていたこと。

使用済みナプキンを外装ビニールでくるくる巻いて両端をプッシュしたらビニール同士がくっついて密閉できる仕様になっているので、そのままゴミ箱に捨てることができちゃうよというもの。

生理中にナプキンを交換する際、新しいナプキンの外装で使用済みナプキンを包む派の私からすると「まさにこんな機能待ってました!」と両手を上げて喜びたくなるほどハイレベルな思いやり。

こんなの日本で見たことないし、「一本取られちゃたなぁ!」という感じ。Bodyform、あっぱれ!

ただ「Long」はちょっと長いから、「Normal」でもいいかも?

今回私が購入したのは多い日の昼用にも使える「Long」タイプ。3mmと薄いのであまり気にならないんだけど、私にはちょっと長い。

ということで「Long」を使い切ったら、次回はもう少し短い「Normal」を試してみたいと思います。

【2】夜用におすすめの生理用ナプキンは「always」

イギリスの生理用ナプキン(厚型)

ロンドンで見つけた生理用ナプキン「always」

さて続いては夜用として購入した「 always」の「Long」羽根つきタイプ。厚さは最大8mmで、8時間連続しての使用が可能。12枚入っていて、価格は£2程度(約240円)。やっぱり日本に比べるとちょっと安い。

そしてこちらもしずくマーク6つのうち5までOKという強力吸収タイプ。

8mmって以外と厚い

イギリスの生理用ナプキン(厚型)

広げてみるとこんな感じ

日本でたまにある、お尻を通り越して腰まであるんじゃないかと思うものすごーい長い夜用とは違って、このalways「Long」タイプはそこまで長くない。

お尻の方からの漏れが気になる人には、ちょっとだけ不安になる長さかも?

そして、厚さ8mmって結構厚い! 日本にいた頃は夜用も「センターインコンパクトスリム様」を使用していたので、こんなにぶ厚い生理用ナプキンを使ったのは久しぶり。

厚い生理用ナプキンに慣れていないので、何だかオムツを履いているような気分に……。

生理用ナプキン「ふわふわ派」ならalwaysはぴったりかも

イギリスの生理用ナプキン(厚型)

ナプキンの表面はコットンのような肌ざわり

そして生理用ナプキン「always」で特筆すべきことは、そのふわっふわな付け心地。表面がコットン使用になっているので、肌に柔らかくフィットする。

私は夜でもサラサラ・薄型派なので、先にも触れた通りこの「 always」の付け心地はちょっとだけ慣れない。でも生理用ナプキンはふわふわが好きという人には間違いなくおすすめ。

私はこれを使い切ったら、夜用も「Bodyform」に変えたいと思います。


結論:薄型さらさら派は「Bodyform」を、ふわふわ派は「always」を

イギリスの生理用ナプキン

あなたはどっち派?:)

ということで、イギリスやロンドンで生理用ナプキンを購入する際のおすすめまとめ。

ちょっと厚めでふわふわ派な生理用ナプキンが好きなあなたなら「always」ブランドを、薄くてさらさら派な生理用ナプキンが好きなあなたは「Bodyform」ブランドで探してみてね。

今まで日本の生理用ナプキンが一番だと思っていたけど、海外の生理用ナプキンも全く劣っていないし、やっぱり全世界どこにいても生理用ナプキンは女性の味方!(なはず)。

イギリスで生理を迎えたとしても、私たちはきっとお気に入りのナプキンに出会えること間違いなし!

※ちなみにタンポンの種類もたくさんある

私はタンポンの使用にちょっと抵抗があるのであまり詳しくは見ていないのだけど、薬局のタンポンコーナーにはそれはそれは様々なタンポンが並んでいました。その種類は日本以上かも?

なのでタンポン派というあなたも、安心してイギリスで生理を迎えてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*