Croatia

ドブロブニクのおすすめ観光スポット11・美しく輝く世界遺産の街を歩こう

クロアチアの南部に位置し、1979年に旧市街全体が世界遺産として指定された城塞都市ドブロブニク。別名「アドリア海の真珠」という名にふさわしく、まさに宝石のように輝く美しい街で、日本では「魔女の宅急便の街並み」のモデルになった街としても有名。

ドブロブニクの位置

ドブロブニクはクロアチアの南部にある

また夏のシーズン中は、連日連夜観光客で大賑わいとなる今回はヨーロッパ随一の観光地! 今回はそんなドブロブニクの、観光時におすすめの立ち寄りスポットについて紹介します。

観光1.まずは何と言っても「旧市街のピレ門」

ドブロブニク「ピレ門」

旧市街の玄関口「ピレ門」

ドブロブニク観光を始めるのに最適の場所が、旧市街の西側に位置し、旧市街へのメインエントランスともなっている「ピレ門」。

旧市街に通じる門はこのピレ門の他に東側に位置する「プロチェ門」が主な出入り口とされているのだけど、最も賑わっていてポピュラーなのがこのピレ門。

ドブロブニク観光は、このピレ門からスタートするのが王道かつおすすめ!

【Tips1】旧市街につながる橋は、かつて木造の跳ね橋だった

ドブロブニク「ピレ門」

多くの観光客が行き交う旧市街と外の世界をつなぐ橋

現在は石造りとなっている、旧市街と外の世界をつなぐピレ門前にかかる橋。この橋、かつては木造の跳ね橋(可動式の橋)だったそうで、昔は日没時になると橋を外して旧市街と外の世界を完全にシャットアウトしていたとのこと。

そんな風に厳重に警備されていた当時の様子をイメージしながら渡ってみると、ちょっと胸熱。

【Tips2】ピレ門の上にある像は、ドブロブニクの守護聖人ヴラホ

ピレ門の上から人々を見守る聖ヴラホ

ピレ門の上から人々を見守る聖ヴラホ

そしてピレ門を渡る際に注目して欲しいのが、門の上に置かれた銅像。これはドブロブニクの守護聖人(街を守る人として崇められているキリスト教の偉人)である聖ヴラホ。

その昔ドブロブニクを危機から救ったヴラホさん

ライトアップされた夜のピレ門

ライトアップされた夜のピレ門

この聖ヴラホは、972年にドブロブニクをヴェネツィア共和国の襲撃から守ったとされている人。聖ヴラホがいなかったら、ドブロブニクはヴェネツィアに攻め落とされ、違う歴史を辿っていたかもしれない……。

ということで、聖ヴラホはドブロブニクの人たちにとってとても大切な存在。今でも毎年2月には、聖ヴラホに祈りを捧げる「聖ヴラホ祭り」が開催されているほど。

観光中にドブロブニクの守護聖人・聖ヴラホ探しも楽しんで

司教帽をかぶり、杖を持った姿が特徴的な聖ヴラホ。ドブロブニクのあちこちで目にすることができるので、観光散策中に聖ヴラホ探しをするもまた一つのお楽しみに。

観光2.市民を潤してきた「オノフリオの大噴水」

ドブロブニク旧市街・オノフリオの大噴水

上からみたオノフリオの大噴水

ピレ門をくぐるとすぐ目に入ってくるのが「オノフリオの大噴水」。噴水という言葉からイメージするような水が吹き上がるものではないものの、ここの水は紛れもなく地下から湧き上がってきている水。源泉は、12kmほど離れたスルジ山にある。

このオノフリオの大噴水が建てられたのは1438年。自然の川がないドブロブニクは、それまで水不足に悩まされることが多かったそうだけど、この噴水が建てられたことで問題は解消。今でも尚、街に住む市民や観光客、街を歩く鳩や猫にも潤いを与え続けている。

【Tips】オノフリオの大噴水で飲料水の確保をしておこう

ドブロブニク「オリフレホの大噴水」

水分補給のために噴水に集まる人々

ペットボトルや水筒を持っているならば、このオノフリオの大噴水で飲料水をチャージをしておくのがおすすめ。というのも、ドブロブニク旧市街での買い物は全てが高価格。

ペットボトルの水も旧市街の外と比べて3倍の値段が付いている、なんてこともザラなので、観光散策を始める前にここで水も補給しておくと悲しい出費の防止につながる。

観光3.世界で3番目に古い薬局「マラ・ブラーチャ薬局」へ

マラ・ブラーチャ薬局

路地にひっそりと佇むマラ・ブラーチャ薬局

ピレ門をくぐってすぐ左側、オノフリオの大噴水の向かい側にあるのが「マラ・ブラーチャ薬局」。

1317年開業の「マラ・ブラーチャ薬局」は、クロアチアで最も古く、現在営業している世界中の薬局の中で、3番目に古いものとされている。

マラ・ブラーチャ薬局でしか手に入らない由緒あるコスメが人気

このマラ・ブラーチャ薬局は、特に女性の観光客に人気。その女性たちのお目当ては、このマラ・ブラーチャ薬局でしか手に入らない良質で貴重なコスメたち。

極秘レシピで作られているマラ・ブラーチャ薬局のコスメの歴史を遡ると、その始まりは中世の時代から! 何百年にも渡って受け継がれ、多くの女性たちの美を支えてきたのが、このマラ・ブラーチャ薬局の伝統コスメなのだ。

店内にはテスターもあるので、ぜひ一度試してみて。気に入った場合は、数百年の由緒あるコスメを自分用のお土産として購入するのがおすすめ!

観光4.旧市街観光のハイライトとなる「城塞ウォーク」

ドブロブニクの城塞ウォーク

平均20メートルの高さがある城塞を歩くので、気分はまるで空中散歩

ドブロブニク観光で絶対に外せないことの一つが、この「城塞ウォーク」。城塞の高さは平均20メートル以上(一番高い部分は25メートル)あり、石壁の厚さは3メートルから6メートルに及ぶという、かなり頑丈に作られた城塞。

【Tips1】全長約2km、一周するのにかかる時間は約1時間

ドブロブニク城塞から見える旧市街の景色

城塞から見える旧市街の景色

旧市街を囲む城塞の全長は1,940メートル。ピレ門から城塞ウォークを開始し、要所要所を見学したり写真を撮ったりしながらゆっくり足を進めたとして、所要時間は約1時間~1時間15分。

ドブロブニク城塞ルート

休憩スペース以外、影は皆無の散策時間

炎天下の昼間歩く場合には、帽子や日焼け止め、サングラスに水分補給用の水は必須。一度城塞に入るとなかなかトイレが見つけられないので、歩き始める前に済ませておくと安心。

【Tips2】城塞が建てられたのは8世紀

城塞から見える旧市街の景色

要塞の小さな窓から、当時の人の気持ちになって旧市街の外を見つめてみる

ドブロブニク旧市街を囲む城塞が建てられたのは、ドブロブニクの街が誕生して間もない8世紀の頃。そして街中が現在のような姿に完成したのは、15世紀から16世紀にかけてだそう。

城塞を歩く際には、約1,300年も前に建てられた壁の上を歩いていることを意識してみることで、ちょっと不思議な感覚に。

【Tips3】城塞ウォークのハイライトは最高地点となるミンチェッタ要塞。

ドブロブニク観光・ミンチェッタ要塞

ドーンとしていて外見もかっこいい!

ピレ門から城塞一周ウォークを開始した場合、終盤に辿り着くのがこの「ミンチェッタ要塞」。ここは旧市街を囲む城塞の中で最も高い場所で、このミンチェッタ要塞から眺める旧市街とアドリア海の景色が絶景!

ミンチェッタ要塞からのフォトスポット

ミンチェッタ要塞のフォトスポット。魔女の宅急便のキキの気分で:)

城塞ウォークの最後の最後で、街全体の絶景を見渡せるという素敵なご褒美が待っています。

観光5.旧市街のメインストリート「プラッツァ通り」

ドブロブニク旧市街・プラッツァ通り

ピレ門から見たプラッツァ通り

ピレ門をくぐった先に続いている目抜き通りが、ドブロブニク旧市街のメインストリート「プラッツァ通り」。全長約200メートルあるこの大通りは、昼夜観光客であふれ、特にシーズン中は常に人でごった返している。

ドブロブニク旧市街・プラッツァ通り

プラッツア通り全景。人ごみのピークは涼しくなり始める夕方頃から

左右にはジェラテリアやカフェ、お土産ショップやATMなどがズラリと並び、その独特で賑やかな雰囲気の中を歩くだけでも十分に楽しめる。

【Tips】ツルッツルの石の道の感覚も楽しんで

そして多くの人が歩いてきたことによってツルッツルになった石造りの道にもご注目。本当にピッカピカで、冗談じゃなく歩いている途中で滑ることもありうるレベル。そんなツルツルな感覚も楽しんでみてください。

観光6.魔女の宅急便の世界を堪能できる「スルジ山」

スルジ山から見たドブロブニク旧市街とアドリア海

スルジ山から見たドブロブニク旧市街とアドリア海

ドブロブニク観光でもう一つ欠かせない定番中の定番が、標高412メートルのスルジ山から眺める旧市街全体の絶景。

スルジ山の展望台からは、ドブロブニクの紹介イメージとしてもよく見かける光景を拝むことができる。

そしてここに来ると「あ~ドブロブニクに来たなぁ~」としみじみと実感できるはず!

【Tips1】スルジ山へはロープウェイを使用して上るのがおすすめ

スルジ山へ行くロープウェイ乗り場

スルジ山へ行くロープウェイ乗り場

スルジ山の山頂駅まで行く主な方法は2つ。1つが徒歩で、もう1つがロープウェイ。ロープウェイの料金は片道85kn(約1,530円)、往復140kn(約2,520円)と少々値段は張るけれど、夏の炎天下の中を頂上まで歩いて行くのはかなりチャレンジング。

スルジ山へ行くロープウェイ

1度に乗車できるのは大人20人程度

ここは時間と労力を節約するための支払いだと思って、ロープウェイを利用するのがおすすめ。ロープウェイを使えば、頂上にたどり着くまでは約3~4分程度。一気に絶景コーナーへとワープできちゃいます。

【Tips2】山頂の絶景カフェ「パノラマ・レストラン」を利用すれば、気分はまさにザ・リゾート

スルジ山山頂にある絶景カフェ

スルジ山山頂にある絶景カフェ

スルジ山山頂に唯一ある飲食店が「パノラマ・レストラン(Panorama Restaurant & Bar )」という絶景カフェ。特にテラス席が人気で、輝くアドリア海とオレンジの屋根が並ぶ旧市街の絶景を眺めながら、まさにザ・リゾートな気分に浸ることができる。

スルジ山展望台から見たパノラマ・レストラン

スルジ山展望台から見たパノラマ・レストラン

ただし、値段はロケーション・絶景代込みでやっぱり高め。それでも、カフェからの眺めは高価格にも納得、文句なしに絶景なのでご安心を!

スルジ山山頂パノラマ・レストランからみた景色

ロープウェイが行き交う様子も間近で見れる

そしてそれなりに高い金額を払うのだから、絶景が見える位置に案内してもらえるか確認してから入店を。なぜなら、このお店で食事をする一番の価値がドブロブニク旧市街を望む絶景。

テーブルの位置によっては絶景が全く見えない場合もあるので、そんな席しか空いていない場合は、席が空くまで待つ、もしくは利用自体を検討することをおすすめします。

【Tips3】スルジ山を歩いて下れば、違った視点で絶景を楽しめる

スルジ山登山コース

歩くからこそ出会える景色のオンパレード

さて、上りはロープウェイであっという間に山頂まで辿り着くことができたスルジ山ですが、体力に余裕があれば帰りは歩いて旧市街まで戻ることにぜひチャレンジしてみてください。

スルジ山の登山コース

絶景を真横に散策

下りきるまでに45分~1時間程度はかかり、決して短い距離ではないけれど、歩くからこそ出会える絶景を目にすることができるのが歩き下山の一番の醍醐味。上るよりは圧倒的に楽なので、徒歩にチャレンジするならば下山時がおすすめ。

道はかなりデコボコなので、歩いて下山する場合には歩きやすい靴を履いて出かけるのを忘れずに!

観光7.ジャンプ岩で肝試し! 旧市街内にある珍しい「ブザビーチ」

ドブロブニク旧市街南側にあるブザビーチ

旧市街南側にあるブザビーチ

ドブロブニク旧市街の中にあるユニークなビーチが「ブザビーチ(Buza Beach)」。そしてここはビーチというよりも、岩場をむりやりビーチとして開拓したような場所(笑)。

でも、そんなユニークな場所で泳ぐことができるのも、ドブロブニク旧市街に位置するブザビーチならでは。岩場にカフェも併設されているので、長時間過ごすことも可能です。

【Tips】ブザビーチに来たら、岩からのダイブなしでは帰れない!?

ドブロブニク・ブザビーチ

3人一緒に、飛んだー!

そしてブザビーチ名物といえば、ダイブ岩! 高さが何メートルあるかは不明ですが、これが結構な高さ。

そんな岩の上から海にドボン!とダイブすることが、ブザビーチでのメインアトラクションとなっている。

ところがこのダイブ岩、若い青年でも岩の淵に立つと尻込みしてしまうほどの高さ(!)。なかなか飛べずに岩にとどまっていると「さっさと飛べー!」とワイルドなエールが飛んでくるので要注意:)

ジャンプ好きなら、間違いなく楽しめるスポットです。

観光8.砂浜ビーチ派なら「バンジェビーチ」

ドブロブニク・バンジェビーチ

17時前頃のバンジェビーチ

ドブロブニク旧市街から歩いて5分ほどの所にあるのが、地元の人でも賑わう「バンジェビーチ(Banje Beach)」。ここは旧市街近辺にあるビーチの中でも唯一の砂浜ビーチなので、平たい地面に寝転んで日光浴を楽しむにもおすすめの場所。

ただし、夏場はビーチが人で埋め尽くされるほど混雑しているので、人混みから逃れてゆっくり過ごしたい人には不向き。

1~2時間くらいビーチに寝そべって、ちょっと海にも入ってみたい! という「アドリア海ちょこっと体験」程度であれば、旧市街からのアクセスも良いのでおすすめです。

観光9.豪快シーフードと港景色を楽しめる「ロカンダ・ペシュカリヤ」

ロカンダ・ペシュカリヤがある旧港

ロカンダ・ペシュカリヤがある旧港

治外法権と言われるほど、全てが高いことで有名なドブロブニク旧市街。

そんな中でも比較的リーズナブルで、それなりの値段に見合った料理を食べることができると言われているのが、旧市街東側にある「ロカンダ・ペシュカリヤ(Lokand Peskarija)」というレストラン。

多言語メニューが用意されていて、日本語メニューもあるので安心。

【Tips1】一品一品がボリューム大!

プレート・ロカンダ(Plata Lokanda)251kn(約4,520円)

プレート・ロカンダ(Plata Lokanda)251kn(約4,520円)

「ロカンダ・ペシュカリヤ」レストランで特筆すべきは、何といっても料理のボリューム! 価格に対して、一品一品が大満足のボリュームで提供される。

写真は、ムール貝、イカのグリル、小魚のフライ、魚のフィレ2種類にエビという6つのシーフードが人の顔以上に大きな鍋に入って出てくる「プレート・ロカンダ」。

なんと、これで2人前(!)女性2人では食べきれないほど多く、日本でいうと軽く4~5人前はあるボリューム。2人で食事をするならば、これ1つ注文すれば十分です。

ロカンダ・ペシュカリヤのタコサラダ

タコのサラダ85kn(約1,530円)

料理の味付けは結構シンプルで、どれもものすごく新鮮!という感じはしなかったけど、とにかく大満足のボリュームであることは間違い無し。

その他、別のお客さんが注文していたリゾットや単品ムール貝などもボリューム満点でした。

【Tips2】オレンジの灯りが丘を染める夕暮れ時は特にロマンティック

ドブロブニク旧市街ロカンダ・ペシュカリヤ

丘の家々に、優しいオレンジの明かりが灯る

そしてこの「ロカンダ・ペシュリカ」が人気のもう一つの理由は、そのロケーション。

ドブロブニク旧市街にある旧港の目の前に位置しているので、昼は太陽に照らされたアドリア海、日没後はオレンジの灯りが灯る夜景を楽しみながら食事をすることができる。

ドブロブニクに限らず、クロアチは日陰に入ったり日没後になるとかなり涼しくなるので、暑くても迷わずテラス席での食事を選択するのがおすすめ。

10.イカ墨リゾットがおすすめの「ダルマチノ・コノバ」

ダルマチノ・コノバのイカ墨リゾット85kn(約1,530円)

ダルマチノ・コノバのイカ墨リゾット85kn(約1,530円)

もしもイカ墨フードファンなら、ドブロブニクを含むアドリア海に面するクロアチアの街を訪れた際にぜひ食べてほしいのがイカ墨リゾット(メニューにはBlack Seafood Risottoと記載)。

イカ墨パスタはイタリアなどでもよく目にするけれど、イカ墨リゾットはなかなか他の国では食べられない一品。

ということで、ドブロブニク滞在中に一度は食べてほしいこのイカ墨リゾット。私たちが訪れたお店は日本人レビューが良かった「ダルマチノ・コノバ」というレストラン。

【Tips1】旧市街の路地裏でゆっくりと食事を楽しむことができる

この「ダルマチノ・コノバ」があるのは、メインストリート・プラッツァ通りから少し脇道に入った静かな通り。店外にもテーブルがあるので、空いていればぜひ外で食事を。

【Tips2】ツナステーキもおすすめ

ダルマチノ・コノバのツナステーキ

きれいなピンク色したツナステーキ

この「ダルマチノ・コノバ」で他におすすめのメニューがツナステーキ(148kn/約2,670円)。とても柔らかくて、噛めば噛むほど味があったマグロ。2人の場合なら、このツナステーキとイカ墨リゾットに加えてサラダなどで十分満足できる量に。

11.クロアチア名物の刺繍土産を買うなら「バチャン」

ドブロブニク刺繍土産店バチャン

バチャンの入り口

クロアチア定番土産の一つといえば、刺繍グッズ。刺繍はクロアチア全土の伝統となっているものの、その模様の特徴は地域によって様々。

ここドブロブニクの刺繍グッズの特徴は、美しい幾何学模様。そしてそんな刺繍グッズを購入するのにおすすめなのがメインストリート・プラッツァ通りから少し脇道に入った所にある「バチャン」というお店。

ここは日本語のガイドブックでもよく紹介されているお店で、多くの日本人が訪れている場所。そして刺繍グッズ以上に名物化しているのが、店主のバチャンさん(お店の名前が店主の名前)。

彼は日本人の接客にとても慣れていて、客が日本人と知ると持ち得ているジョーク全てを披露しようとマシンガントークが始まる。

「オマエハアベシンゾウノスパイカ?」

日本語が振られた店内の案内容姿

日本語が振られた店内の案内容姿

愉快なおじちゃん店主、バチャンさんが最初に口にしたのがこれ。そして毎回、来店客とのアイスブレイクのネタとして彼の鉄板ジョークになっている様子。もれなく私たちも、声をあげて大笑い。

その他にも、あえて東京を外して「チバシュッシンカ?」と聞き、「違うよ!東京だよ!」と言わせる、又は「何で分かるの!」、「てゆうか何で千葉なの!?」という反応を引き出すという、どんなお客さんにでも使えてかつ会話が盛り上がる高度な質問テクニックも持ち合わせている。

素敵な刺繍グッズに出会えるのはもちろん、とても人懐っこいバチャンさんとの会話も楽しめる場所。私たちが訪れた時に居合わせていたイギリス人の買い物客の女性も「彼の上手すぎるジョークにチップを払わないといけないわ」と笑顔を見せていたほど:)

【Tips1】複数買えば、割引してもらえる可能性大

そしてバチャンさん、サービス精神も旺盛。複数買えば、「ネビキ!」と言って数パーセント割引してくれる(割引後がデフォルトの値段かもしれないと思う気持ちは置いといて)。

また店内に気に入ったものを見つければ、色違いや新品を店の奥から出して見せてくれるので、一番のお気に入りを探すことも楽しめる。

【Tips2】お店に並ぶ商品はすべてバチャンファミリーの手作り

ドブロブニク刺繍コースター

店内に並べられているコースター

バチャンさんのお店で取り扱っている商品は、すべてバチャンさんの妻(バチャンさん曰く「オニヨメ!」)と、奥さんの家族による手作りなのだそう。1つ1つ丁寧に仕上げられた手作りならではの温もりもぜひ感じてみてください。

多くの旅人を魅了する街、ドブロブニク

バスの中から見た、最後のドブロブニク旧市街の風景

バスの中から見た、ドブロブニク旧市街の風景

海のレジャーを楽しみたい人、歴史の散策を楽しみたい人、可愛い街並みや絶景を楽しみたい人、美味しいシーフードを堪能したい人……などなど、多くの人の「旅先want」を満たす街、ドブロブニク。

今回紹介したスポットを全部回ったとしても1日あれば十分ですが、急ぎ足で観光するのはあまりにもったいない!

最低2泊か3泊して、その宝石のように美しい街並み、歴史、自然、料理を、じっくりと味わいながら過ごすのがおすすめです。

>>>まだまだある世界の絶景!他の絶景シーンはこちらから♪


\最後にボタンをぽちっ♪/
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
ぽちした貴重な3秒をありがとうございます:)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*